ハローワークの職業相談で実績作り【5分で終わる質問内容】

職業相談って、何を相談すればいいのかな。

実績作りしたいだけなんだけど、紹介とか面接とかになったら面倒くさそう。

ハローワークの職業相談は、失業保険の実績作りにも利用できます。

職業相談の目的は、仕事の紹介だけではありません。就職に関することなら何でも相談できます。

必ずしも紹介を受けて応募して面接しなければならない…というわけではありません。

職業相談をすると、相談の終わりに雇用保険受給資格者証に押印してもらえます。この押印が実績1回分の証明になります。

この記事では、ハローワークの職業相談で実績作りする方法について解説します。

さらに、5分で相談が済んでしまう質問内容があるので、それもご案内します。

ハローワークの職業相談とは

ハローワークの職業相談とは、ハローワークに設けられた求職者支援の無料相談窓口です。ハローワークの受付で職業相談の利用を申し込めば、その日のうちに相談を受けられます。

仕事の紹介のほかにも、就職に関することなら何でも相談できます。応募書類の添削、面接対策、仕事の適性など、なんでも構いません。

職業相談1回につき、実績1回分になります。職業相談自体が実績なので、わざわざ紹介状をもらったり応募・面接したりする必要はありません。

職業相談を受けると雇用保険受給資格者証に押印してもらえます。この押印が、失業認定に必要な実績を証明するものになります。

押印さえあれば、必ず実績としてカウントされます。

職業相談はハローワークだけではなく、地方自治体の出先機関(ジョブカフェ、しごとセンター、ワークサポートなど)でも利用できます。

失業認定までに2回相談を受ければ、職業相談だけで2回分の実績作りができます。

職業相談のみ2回でも求職活動実績!当然、失業認定されます

職業相談で何を相談するか

職業相談では、仕事の紹介をされることがあります。しかし、実績作りが目的の場合は、仕事の紹介をされると対応に困ってしまいます。

そこで、仕事の紹介ではなく、就職に関する相談をするかたちで職業相談を利用します。

手短てみじかに相談を終わらせるなら、求人票について質問するのがよい方法です。たとえば、次のような質問です。

  • 未経験でもよいのか(△)
  • 交通費は支給されるのか(△)
  • いつまで募集しているのか(△)
  • どのくらい応募者がいるのか(○)

△の質問は、相談員がその場で企業に問い合わせる可能性があり、話がややこしくなります。
○の質問なら、相談員が使っている端末で確認できることなので、それで相談が終わります。

相談員との話がもっとも手短に済むのは、応募者数についての質問です。

応募者数(競争率)は、その求人に興味があるならぜひとも知りたいことなので、質問の動機としても自然です。

職業相談のしかた・ながれ

実績作りが目的の職業相談では、求人票の応募者数について質問するのがおすすめです。その流れは次のようになります。

  1. ハローワークの受付で、求人検索パソコンの利用を申し込む。
  2. パソコンで求人検索して求人票を印刷する。
  3. ハローワークの受付で、職業相談を申し込む。「この求人票について聞きたいことがあります。」と言えばよい。
  4. 職業相談が始まったら、求人票を見せて「どのくらい応募者がいるのか教えてもらえませんか?」と質問する。
  5. 応募者数を教えてもらったら「ありがとうございます。家で検討してみます。」と言って相談を終える。

職業相談のおわりに、雇用保険受給資格者証に押印してもらえます。

雇用保険受給資格者証を出して「押印してください。」と言えば、押してくれます。

紹介状を出されないようにするのがコツ

よく誤解されているのは「職業相談をして面接すれば実績になる」という点です。しかし、職業相談した時点で実績になるので、紹介や面接までしなくても実績にできます。

求人票を持って職業相談を受けると、仕事の紹介に話がすすむことがあります。

このとき、紹介状を出されそうになってもことわって構いません。「よく考えたいので、紹介状はけっこうです。」と言えば、紹介状を出されずに済みます。

もし、紹介状を出されても、次にハローワークに行く機会に受付で返却すれば大丈夫です。

紹介状を返却するときはなんて言えばいいんですか?

「検討したけど希望する条件じゃなかったので。」と言っておけばよいです。

ハローワーク職業相談の紹介状【面接辞退でも求職活動実績】

失業認定申告書 記入例

ハローワークの職業相談を実績として申告する場合の失業認定申告書の記入例を示す画像

  • 活動の方法:(ア)
  • 活動日:職業相談した日付
  • 利用した機関の名称:職業相談をしたハローワーク・施設名称
  • 活動の内容:「職業相談」

失業認定に行ったついでに職業相談をすると、その日のうちに実績を1回分作れてしまいます。

認定日は求職活動になる!行ったついでに職業相談で実績1回

職業相談と求人応募の併用

職業相談は、ハローワークに行けば即日で実績作りできます。ただし、認定日まで日数が無い場合は、職業相談だけで実績作りするのは難しいでしょう。

なぜなら、職業相談は1日に何度相談をしても1回分の実績にしかならないからです。

求人応募なら自宅で即日で実績作りできます。認定日に間に合わせるなら、ネットでの求人応募も活用すると良いでしょう。

応募の場合は、1社への応募を1回分の実績にできます。つまり、認定日までに2社に応募すれば2回分の実績作りができます。

求人応募は、失業認定申告書の書式のとおり、応募したことを申告できるので応募の時点で実績になります。

ネットを利用した求人応募のやり方やコツは、こちらの記事で解説しています。

インターネットの求人応募で求職活動実績~応募辞退まで解説

まとめると…

  • ハローワークの職業相談とは、ハローワークに設けられた求職者支援の相談窓口です。
  • 職業相談1回につき、実績1回分です。職業相談自体が実績なので、わざわざ紹介状をもらったり応募・面接したりする必要はありません。
  • 手短てみじかに相談を終わらせるなら、仕事の紹介ではなく、求人票について質問するのがよい方法です。
  • 実績作りが目的の職業相談では、求人票の応募者数について質問するのがおすすめです。
ウェブ応募も求職活動実績にできる【申告書記入例まで解説】
タイトルとURLをコピーしました