【リセット】失業保険を一度もらうと次は何年後までもらえない?

次の仕事の退職理由 受給資格の条件
自己都合 次の仕事で雇用保険に12ヵ月以上の加入があること
会社都合 次の仕事で雇用保険に6ヵ月以上の加入があること

失業保険を一度もらうと、次に失業保険をもらえるようになるのは次の仕事の退職理由によって違います。

失業保険の受給資格が決定すると、いままでの雇用保険の加入履歴がリセットされます。そのため、次の仕事で雇用保険に加入することが必要であり、その加入期間が受給資格の条件になります。

  • 次の仕事を自己都合で辞めた時点で、最短でも12ヵ月後。
  • 次の仕事を会社都合で辞めた時点で、最短でも6ヵ月。

この記事では、失業保険を一度もらうと次は何年後までもらえないのか、受給資格の条件について解説します。

失業認定には求職活動実績2回が必要ですが、求人に応募する方法セミナーを受講する方法でも実績にできます。

一度もらうと次は何年後?

  • 次の仕事を自己都合で辞めた場合:次の仕事で雇用保険に加入した時点から最短で1年後(12ヵ月後)
  • 次の仕事を会社都合で辞めた場合:次の仕事で雇用保険に加入した時点から最短で0.5年後(6ヵ月後)

失業保険を一度もらうと、次にもらえるのは次の仕事をどんな退職理由で辞めたのかによります。

再就職と同時に雇用保険に加入したものとするなら、自己都合で最短で1年後、会社都合で最短で0.5年後になります。

失業保険の受給資格は次のような条件となっています。

  • 自己都合で退職した場合は、過去2年間の雇用保険加入期間が12ヵ月以上あれば受給資格を満たす。
  • 会社都合で退職した場合は、過去1年間の雇用保険加入期間が6ヵ月以上あれば受給資格を満たす。

次の失業保険のことは、次の仕事の退職理由によるということです。

一度もらうとリセット

  • 失業保険の受給資格が決定すると、いままでの雇用保険の加入履歴はリセットされる。
  • 失業保険を申請しなかったり、失業保険の受給資格決定の前に就職すると、いままでの雇用保険の加入履歴はリセットされない。

失業保険を一度もらうと、いままでの雇用保険の加入履歴がリセットされます。

「もらう」という表現は誤解を招きやすいですが、失業保険の受給資格が決定した時点で雇用保険の加入履歴がリセットされます。

受給資格が決定したあとで、失業手当を一度も支給してもらわないうちに就職したとしても、受給資格が決定した時点でリセットされています。

次の仕事が決まっている場合

仕事を辞めるまえに次の仕事が決まっている場合は、失業保険の受給資格を申請しないほうが得策と言えます。

次の仕事が決まっている場合は、失業保険の受給資格を申請しても、再就職手当はもらえません。

再就職手当は、失業保険の受給資格を得てからおこなった就職活動で就職が決まった場合に支給されるものだからです。

つまり、次の仕事が決まっている場合は、いままでの雇用保険の加入履歴を持ち越して合算していくほうが得策なのです。

失業保険を申請しなければ、リセットもされません。

一度もらうともらえないのか

失業保険を一度もらうと、もう二度ともらえないということはありません。

仕事を辞めた時点での雇用保険加入期間が条件を満たしていれば、何度でも失業保険の受給資格を申請できます。

二度目の失業保険を受給するには

  • 次の仕事で雇用保険に加入すること。
  • 次の仕事を辞めた時点で、雇用保険加入期間が条件を満たしていること。

二度目の失業保険を受給するときは、二度目の仕事で加入した雇用保険の加入期間が受給資格の条件を満たしていれば申請できます。

オンラインWebセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】

派遣で失業保険を一度もらうと

  • 次に所属した派遣会社で雇用保険に加入していること。
  • 次に所属した派遣会社を自己都合で辞めた時点で、過去2年間の雇用保険加入期間が12ヵ月以上あれば受給資格の条件を満たす。
  • 次に所属した派遣会社を会社都合で辞めた時点で、過去1年間の雇用保険加入期間が6ヵ月以上あれば受給資格の条件を満たす。

派遣で働いている場合、失業保険を一度もらうと次にもらえるのは、次に所属した派遣会社で雇用保険に加入し、離職時に加入期間が条件を満たしていれば受給資格を申請できます。

派遣の場合は、仕事の継続を希望していても、次の派遣先を1ヵ月以上紹介してもらえないと会社都合の離職になります。

障害者で失業保険を一度もらうと

  • 次の仕事で雇用保険に加入していること。
  • 次の仕事を離職した時点で、過去1年間の雇用保険加入期間が6ヵ月以上あれば受給資格の条件を満たす。

障害者の場合、失業保険を一度もらうと次にもらえるのは、次に所属した会社で雇用保険に加入し、離職時に加入期間が条件を満たしていれば受給資格を申請できます。

受給資格の条件が緩和されており、退職理由が自己都合でも会社都合でも、過去1年間の雇用保険加入期間が6ヵ月以上あればよいことになっています。

まとめ

  • 次の仕事を自己都合で辞めた場合:次の仕事で雇用保険に加入した時点から最短で1年後(12ヵ月後)。
  • 次の仕事を会社都合で辞めた場合:次の仕事で雇用保険に加入した時点から最短で0.5年後(6ヵ月後)。
  • 失業保険を一度もらうと、失業保険の受給資格が決定した時点で、いままでの雇用保険の加入履歴がリセットされる。
  • 仕事を辞めるまえに次の仕事が決まっている場合は、失業保険の受給資格を申請しないほうが得策。
  • 仕事を辞めた時点での雇用保険加入期間が条件を満たしていれば、何度でも失業保険の受給資格を申請できる。
  • 失業認定には求職活動実績2回が必要だが、求人に応募する方法セミナーを受講する方法でも実績にできる。
タイトルとURLをコピーしました