ハローワークでハンコをもらえる求職活動【面接不要で実績】

ハローワークのハンコをもらえば求職活動実績になるって聞いた。

でも、何をすればハンコをもらえるんだろう。もらい方も知りたい。

ハローワークの実施する求職活動を行うとハンコをもらえます。

ハローワークの求職活動は主に3つあります。職業相談、セミナー、訓練相談です。

これらの求職活動を行ったあとに雇用保険受給資格者証を出せばハンコをもらえます。

この記事では、ハローワークでハンコをもらえる求職活動について解説します。

さらに後半では、ハンコをもらうよりも楽な求人応募を実績にする方法を説明します。

ハローワークのハンコとは

ハローワークのハンコとは、ハローワークが実施する求職活動を行ったときにもらえるハンコのことです。

ハンコは、求職活動を行ったあとに雇用保険受給資格者証に押してもらえます。

このハンコは、求職活動を行ったことを証明してくれるものになります。失業認定で必ず実績としてみてもらえます。

ハローワークの求職活動なら、わざわざ面接までしなくてもハンコが実績になります。じっくりマイペースで就職活動したい人にはおすすめです。

上の画像のように、職業相談やセミナーを繰り返しながら毎月2つのハンコをもらえば求職活動実績として申し分なく、しっかり失業保険をもらえます。

ハンコをもらえる求職活動

ハローワークのハンコをもらえる求職活動は、主に次の3つです。

  • 職業相談(職業紹介)
  • セミナー
  • 訓練相談

職業相談のハンコのもらい方

ハローワークで職業相談を1回受けると、1回分の求職活動実績になります。

職業相談を受けたこと自体が実績です。

  1. ハローワークの受付で職業相談を申し込む。
  2. 相談窓口で相談する。あらかじめ印刷しておいた求人票について質問するのが簡便。
  3. 相談の終わりに、雇用保険受給資格者証にハンコをもらう。

紹介状をもらったり面接したりしなくていいんですか?

誤解されている人も多いのですが、面接ではなく相談自体が実績なのです。

もし、職業相談のなかで紹介状をもらっても、応募や面接する必要はありません。紹介状をもらったあとに検討した結果、自分の希望と違うなら取りやめても構いません。

職業相談は、1日のうちに何度受けても1回分の実績にしかなりません。職業相談で2回の実績にする場合は、それぞれ別な日に職業相談する必要があります。

ハローワークの職業相談のしかた・コツなどはこちらの記事で解説しています。

ハローワークの職業相談で実績作り【5分で終わる質問内容】

セミナーのハンコのもらい方

ハローワークが実施する求職者支援セミナーを1回受講すると、1回分の求職活動実績になります。

セミナーを受講したことが実績です。

  1. ハローワークのホームページやパンフレットを見て、受講するセミナーを選ぶ。
  2. ハローワークに電話してセミナーに申し込みする。
  3. セミナー開催日に受講して、雇用保険受給資格者証にハンコをもらう。

申し込みした時点では実績になりません。

コロナ禍ですが、人数を限定してセミナーを行っているハローワークもあります。たとえば新宿わかものハローワークでは、2部制にして少人数のセミナーを開催しています。

実は求職活動実績になるセミナーは、ハローワークの実施するセミナーに限りません。転職サイトが実施するセミナーでも求職活動実績として申告できます。ただし、転職サイトのセミナーの場合はハンコをもらえません。

ハローワークのセミナーや、実績になるセミナーについてはこちらの記事で解説しています。

セミナーのみで求職活動実績【就職支援セミナー・民間転職セミナーで認定】

訓練相談のハンコのもらい方

ハローワークで訓練相談を1回受けると1回分の求職活動実績になります。

訓練相談を受けたこと自体が実績です。

  1. ハローワークで受付で訓練相談を申し込む。
  2. 相談窓口で相談する。あらかじめ職業訓練のパンフレットを見て職業訓練を選んでおく。
  3. 相談の終わりに、雇用保険受給資格者証にハンコをもらう。

職業訓練校に申し込みしなくてもいいんですか?

申し込みするかしないかは自由です。訓練相談を受けたこと自体が実績です。

もし、訓練相談のなかで申込書をもらっても、申し込みする必要はありません。申込書をもらったあとに検討した結果、自分の希望と違うなら取りやめても構いません。

訓練相談は、失業給付期間中に1~2回の利用になりそうです。あまり何度もいろいろな職業訓練について相談するのは不自然に見えるでしょう。

相談の履歴は、ハローワークにデータとして残ります。

じつはハローワークの職業訓練の相談も求職活動実績になる!

ハンコもらい忘れ

職業相談したけどハンコなしだった。どうすればいいんですか?

ハンコなしでも、職業相談したときの利用履歴が残っているので大丈夫です。

ハローワークの求職活動をしたけどうっかりハンコをもらい忘れてしまったときは、ハローワークの利用履歴のデータが残っているかどうかを問い合わせできます。

利用履歴が残っていることを失業認定のときに申し伝えれば、認定員が整合して実績にしてくれます。

ハンコがあったほうが安心なときは、再度ハローワークに行くと押してもらえます。ハローワークの受付で、ハンコもらい忘れを申し伝えます。利用履歴を確認できたら、雇用保険受給資格者証にハンコを押してもらえます。

ハンコなくても応募は実績

求人への応募は、1社の応募が1回分の求職活動実績になります。

2社に応募すれば2回分の実績にできるので、急いで実績をつくる場合に有効です。

応募した時点で実績です。ただし、自分で活動する応募には当然ハンコがありません。

そのかわり、失業認定申告書の応募欄に会社名や応募方法、応募の結果を記入して申告します。

直接応募できる転職サイトを利用します。求人数の多いリクナビNEXTが実績に利用しやすかったです。

転職サイトの求人応募で求職活動実績をつくる方法はこちらの記事で解説しています。

インターネットの求人応募で求職活動実績~応募辞退まで解説
ハローワークの実施する求職活動(職業相談、セミナー、訓練相談)を行うとハンコをもらえます。ハンコが求職活動を証明してくれるので、失業認定で必ず実績とし...

まとめると…

  • ハローワークの実施する求職活動(職業相談、セミナー、訓練相談)を行うとハンコをもらえる。
  • ハンコは、求職活動を行ったことを証明してくれるもの。失業認定で必ず実績としてみてもらえる。
  • ハンコをもらい忘れたときは、ハローワークの利用履歴のデータが残っているかどうかを問い合わせできる。
  • ハンコはないが、転職サイトの求人への応募でも実績にできる。
ウェブ応募も求職活動実績にできる【申告書記入例まで解説】
ハローワークの実施する求職活動(職業相談、セミナー、訓練相談)を行うとハンコをもらえます。ハンコが求職活動を証明してくれるので、失業認定で必ず実績とし...
タイトルとURLをコピーしました