ハロワが教えない求職活動の裏ワザ【実績になる簡単な方法】

失業保険をもらうためとはいえ、毎月2回の求職活動実績のノルマをこなすのは簡単ではありません。

毎回、頭を悩ませています。もっと簡単な方法ないのかな。

ハローワークで職業相談を受ければ紹介されるし、紹介してもらって面談に応じるのも面倒くさい。

じつはハローワークの職業相談や紹介を利用しなくても、求職活動実績にできる方法がありました。

この記事では、私自身が失業保険の受給中に使った求職活動実績の裏技について解説します。

求職活動実績の裏技

求職活動の裏ワザ

失業認定申告書の記入例:(上段)転職サイトのセミナー受講(下段)転職サイトの求人への応募

失業認定の求職活動実績の裏ワザと言えるのは、転職サイトを使った求職活動です。

転職サイトが実施しているセミナーを受講する方法では、1回の受講を1回分の実績として申告できます。

直接応募できる転職サイトで求人に応募する方法では、1社に応募すると1回分の実績として申告できます。

もちろん、セミナー2回で実績2回分。応募2社で実績2回分。として申告することも可能です。

わざわざハローワークで紹介してもらって面談しなくても、実績になるんですね!

転職サイトのセミナー受講

出典:マイナビジョブ20's

  • 申込みから数日で受講できる。失業認定まで何日かあるならおすすめ。
  • 1回のセミナ―受講が1回分の実績。
  • 選考にかかわらないので気楽。

転職サイトでセミナーを受講する方法は、セミナーを実施しているサイトに会員登録して、セミナー情報ページで申込みすると数日のあいだに受講できます。受講が完了すると求職活動実績になります。

マイナビジョブ20'sは首都圏・東海・関西で就職を目指す20代限定のサービスです。利用者が限定されている分、セミナーも申込みやすいです。

dodaは地域・年齢を問わず利用できる転職総合サービスです。ただ、全国規模なのでセミナーにも申込みが殺到するのが難点です。

許可・届出のある事業者等(職業紹介事業者、労働者派遣事業者、地方公共団体)が実施するもの

求職申込み、職業相談、職業紹介、求職活動方法等を指導するセミナー

転職サイトでセミナー受講すると求職活動実績にできることは、『雇用保険受給資格者のしおり』に書かれています。失業認定申告書3-(1)(イ)に記入して申告できます。

オンラインWebセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】

転職サイトの求人応募

出典:リクナビNEXT

  • 即日で実績にできる。
  • 1社への応募が1回分の実績。2社に応募すれば一気に2回分の求職活動実績も可能
  • 応募したあとに取りやめても、応募の時点で実績になっている。

転職サイトで求人に応募するには、直接応募できる転職サイトを利用します。会員登録してサイト内で履歴書を作成して、求人ページで送信すれば応募が完了します。応募の時点で求職活動実績になります。

ほかに、応募に利用できる転職サイトってあるんですか?

dodaも直接応募できます。エージェントでもあるので、登録すると本気で仕事探しが始まります。求職活動実績が目的なら、ちょっと熱量が違うかもしれません。

◎ 失業認定における求職活動実績となるもの

(1) 求人への応募(応募書類の送付、面接)

直接応募できる転職サイトで求人に応募すると求職活動実績にできることは、『雇用保険受給資格者のしおり』に書かれています。失業認定申告書3-(2)応募欄に記入して申告できます。

インターネットで求人に応募で求職活動実績~辞退まで解説

ハローワークの適性診断

  • 即日で実績にできる。
  • 診断の結果を印刷して、職業相談を受ければ求職活動実績。
  • 選考にかかわらないので気楽。

ハローワークでは適性診断を受けることができます。診断そのものは求職活動実績になりませんが、診断結果を印刷して職業相談をすれば求職活動実績になります。

診断結果について、話すことが決まっているので気楽に相談できます。

転職サイトでも適性検査を実施しているサイトがあります。無料で会員登録して利用できるので、目的に合う診断ができる転職サイトを求職活動に活用すると良いでしょう。

ハローワークの訓練相談

  • 即日で実績にできる。
  • 1回の訓練相談が1回分の求職活動実績。
  • 職業訓練校に申込みしなくてもよい。相談した時点で実績。

ハローワークでは職業訓練の相談ができます。ハローワークのHPやパンフレットで訓練のスケジュールを入手し、興味のある訓練について相談窓口で話を聞くと求職活動実績になります。

職業訓練の相談って、どうやって受けるんですか?

職業訓練のパンフレットを持ってハローワークの受付で申し込めば相談窓口に案内してくれます。

まとめ

  • ハローワークの職業相談や紹介を利用しなくても、求職活動実績にできる方法がある。
  • 選考にかかわらないので気楽なのが、転職サイトでセミナーを受講する方法
  • 一気に2回の求職活動実績も可能なのが、転職サイトで求人に応募する方法
  • ハローワークの適性診断や訓練相談も求職活動実績になる。
タイトルとURLをコピーしました