職業相談のみ2回でも求職活動実績!当然、失業認定されます

職業相談のみを失業認定申告書に記入しても大丈夫かな。

毎月2回、職業相談のみでも失業手当は支給してもらえる?

失業手当をもらうための求職活動は、職業相談のみ2回でも実績としてカウントしてもらえます。

職業相談は相談したこと自体が実績になるので、職業相談のみを繰り返して失業手当を受給していくことも可能です。

職業相談は1日のうちに実績にできるのが職業相談1回分までということ職業相談のみで求職活動する場合は注意が必要です。

この記事では、職業相談のみ2回でも求職活動実績となり失業認定されることについて解説していきます。

さらに、求人サイトの応募を利用した効率的な求職活動についても後半で説明します。

ハローワークの職業相談で実績作り【5分で終わる質問内容】

職業相談のみ2回でも認定

職業相談のみ2回の求職活動であっても、当然、求職活動実績となり認定されます。

職業相談を利用すると雇用保険受給資格者証に押印してもらえます。

この押印が2つあれば、求職活動実績2回分としてカウントしてもらえるわけです。

たとえば、画像の「職業相談 HW渋谷」のように、2回の職業相談をその月の実績にできます。

職業相談は相談したこと自体が実績となります。求職活動実績が目的なら、紹介状や面談までする必要はありません。

職業相談が手短に済む質問内容や相談のながれについてはこちらの記事で解説しています。

ハローワークの職業相談で実績作り【5分で終わる質問内容】

職業相談のみで求職活動するコツ

職業相談のみで求職活動するときは、認定に行っているハローワークとは別のハローワーク(または出先機関)も利用すると効率的です。

いつも行っているハローワークじゃなくてもいいんですか?

職業相談は、どこのハローワークで利用しても構いません。

主要都市圏のようなハローワークが点在する地域では、認定に行っているハローワークと違うハローワークも一緒に利用してみると良いでしょう。

しごとセンターやジョブカフェ、ワークサポートといったハローワークの出先機関は、ハローワークより雰囲気が良くて相談しやすいところが多いです。

家から最寄りのハローワークや出先機関をあらかじめ知っておくと、認定日が近づいたときにすぐに職業相談を受けられる準備が整います。

私の場合はハローワーク新宿とハローワーク渋谷、近所のサポステで職業相談していました。
管轄外のハローワーク・出先機関で求職活動実績【実はどこでも職業相談】

職業相談からの職業紹介

一連の活動だが、2回以上の求職活動実績とみなす場合
(1) 職業相談に引き続き職業紹介を受けた場合
…『雇用保険受給資格者のしおり』より

職業相談のみを受けるつもりが話のながれで職業紹介につながったときは、その一連の活動が2回の求職活動実績になります。

つまり、職業相談(1回) + 職業紹介(1回) = 2回 とカウントされます。

ただ、職業紹介・紹介状をもらうと、その後の応募や面談などの経過報告が面倒です。実績だけが目的なら職業紹介は避けた方が無難です。

紹介状はことわっても構いません。職業相談したことが実績になるので、紹介状や面談は不要です。

ハローワーク職業相談の紹介状【面接辞退でも求職活動実績】

失業認定の帰りに職業相談

失業認定でハローワークに行ったその帰りに職業相談を利用すれば、次回認定分の求職活動実績1回分をかせげます。

とくに職業相談のみを求職活動実績にしたい場合は、認定日に職業相談してしまうのがおすすめです。

「認定に来たついでに職業相談をしていってくださいね。」と案内しているハローワークもあります。

いまのところ実績が1コしかないから、朝イチで職業相談しても大丈夫?

残念ながら認定日の職業相談は、今回の実績にはできません。

認定日の求職活動は、次回の認定期間の求職活動になります。

認定期間とは、認定日から認定日前日までの期間です。この期間に行なった求職活動が実績としてカウントされます。

認定日は求職活動になる!行ったついでに職業相談で実績1回

失業認定申告書 記入例

  • 求職活動の方法:(ア)
  • 活動日:職業相談を利用した日付
  • 利用した期間の名称:職業相談を利用したハローワーク・施設名称
  • 求職活動の内容:「職業相談」

職業相談の中で職業紹介されたなら、その一連の活動が2回の求職活動実績とカウントされます。

再就職に向けて求職活動を続けていく場合は、その経過を記入していきます。

もし、求職活動実績のみが目的の場合は、職業紹介(または紹介状)を出されたあとに辞退しても構いません。

なお、紹介を辞退しても実績であることに変わりありません。職業相談を受けた時にもらった押印が求職活動を証明するからです。

転職サイトの応募と併用

職業相談は、実績にできるのが1日のうちに1回分のみになります。

職業相談のみでも求職活動実績にできますが、認定日が近い場合は職業相談のみでは間に合わないことがあります。

職業相談と別の求職活動を適度に織りぜて求職活動実績にすると良いでしょう。

転職サイトを利用して求人に応募するのも一つの方法です。1社に応募すると、1回分の実績にできます。

私は、職業相談1回求人応募1社を交ぜながら求職活動実績にしていました。

転職サイトの応募で求職活動実績をつくる方法についてはこちらの記事で解説しています。

インターネットの求人応募で求職活動実績~応募辞退まで解説

まとめると…

  • 失業手当をもらうための求職活動は、職業相談のみ2回でも実績としてカウントしてもらえます。
  • 職業相談は相談したこと自体が実績となります。求職活動実績が目的なら、紹介状や面談までする必要はありません。
  • 職業相談のみで求職活動するときは、認定に行っているハローワークとは別のハローワーク(または出先機関)も利用すると効率的です。
  • 職業相談のみを求職活動実績にしたい場合は、認定日に職業相談して1回分を稼いでしまうのが良い方法です。
タイトルとURLをコピーしました