インターネットの求人応募で求職活動実績~応募辞退まで解説

インターネットで応募すれば求職活動実績になるって本当?

インターネットの求人にはどうやって応募すればいいんだろう。

応募したあとの面談はどうすればいいのかな。辞退ってできるのかな。

失業認定申告書の書式にあるとおり、インターネットで応募すれば求職活動実績にできます。

応募した時点で実績になるので、その後の経過は問われません。応募のあとで、その応募を辞退しても構いません。

この記事では、インターネットの求人応募で求職活動実績にする方法を解説します。

応募したあとの応募の辞退についても後半で説明します。

インターネット応募とは

インターネット応募とは、転職サイトの求人への応募を利用して求職活動実績にする方法です。

1社への応募が1回分の実績になります。2社へ応募すれば2回分の実績になるので、失業認定の要件である求職活動実績2回を満たすことができます。

応募した時点で実績になります。失業認定申告書には「選考結果待ち」と記入しておきます。

応募が実績になるので、応募のあとで辞退しても実績には変わりありません。失業認定でも辞退に触れられることはありません。

インターネット応募は、実績をつくるための求職活動のなかでもっとも効率的です。

応募に利用しやすいサイト

インターネット応募に利用できる転職サイトは限られています。

  • 自分で応募先を探して直接応募できる転職サイトであること。
  • ネット履歴書による応募機能があること。

業界最大手の転職サイトリクナビNEXTは、この条件を満たしています。求人数が多くて応募先を探しやすかったです。

求職活動実績の応募には、転職エージェントは利用できません。自主的に応募できないからです。

転職エージェントではなく、自主的に応募できる直接応募可能な転職サイトを利用します。

doda も直接応募できます。ただし doda は転職エージェントを兼ねているので、利用登録すると転職支援サービスへの勧誘(電話案内)があります。

もし、再就職を見据えて転職支援サービスを利用したいなら doda でも良いでしょう。

 リクナビNEXTに登録して求人を見る

求職活動で利用しやすい転職サイト・転職エージェント

インターネット応募の手順

インターネット応募ってどうやればいいの?

インターネット応募のやり方・手順は次のようになります。

  1. リクナビNEXTに登録する。利用登録は無料です。
  2. ネット履歴書を作成する。
  3. 求人を探して、ネット履歴書を使って応募する。
  4. 失業認定申告書の「応募欄」に記入する。応募の結果は「選考結果待ち」

リクナビNEXTで「レジュメ」と呼ばれるネット履歴書を作成すると、応募で使い回すことができます。失業保険受給中の求職活動が簡便になります。

また、紙の履歴書・職務経歴書としてプリントすることができるので、実際の就職活動のときにも便利です。

求人を探すときのコツ・注意点

インターネット応募に利用する求人を探すときは、職務経歴と同じ職業・職種で探すことがコツです。

前職と同じ職業・職種なら、応募のための志望動機を考えやすいからです。前職の経験を書けば、そのまま志望動機としても伝わるでしょう。

また、選考過程が何段階かある求人が望ましいです。

書類選考 → 一次面談 → 二次面談 くらいまであれば、失業認定申告書でも「選考結果待ち」として申告しやすくなります。

インターネット応募の辞退

求職活動実績のためにインターネット応募したはいいけど、その応募辞退をどうすればいいのか。

応募の結果、書類選考が通過した場合は面談の連絡があります。転職サイトのマイページに連絡メールが届きます。

この連絡メールに返信するかたちで辞退を伝えればよいです。

先に他社でご縁があり、そちらで検討をすすめております。この度はありがとうございました。

応募辞退でも「選考結果待ち」

応募を辞退したら、どうやって失業認定申告書に実績を書けばいいんですか?

応募を辞退しても、『選考結果待ち』のままにしておけば良いです。

応募辞退しても、失業認定申告書の応募の結果は『選考結果待ち』で構いません。次のように考えると、『選考結果待ち』でも間違いないことを理解できます。

「貴方の応募辞退を了承しました。」という返事があれば、応募先が応募辞退を納得したと考えられます。

でも返事がないかぎりは、応募先があなたの採用をあきらめていない可能性もあるわけです。

つまり、応募辞退に対する返事があるまでは選考が続いている可能性があるとも言えるのです。

そっか。応募辞退しても、会社側があきらめてないかもしれないですね。

失業認定申告書 記入例

  • 事業所名・部署:応募した企業名
  • 応募日:応募した日付(認定日の日付を記入しないようにご注意ください)
  • 応募方法:利用した転職サイト名
  • 応募したきっかけ:インターネット
  • 応募の結果:「選考結果待ち」

応募の結果は、辞退する・しないにかかわらず「選考結果待ち」としておきます。

応募した時点で実績になるから、その後の経過は書かなくてもよいわけですね。

応募後の経過を書かなくても失業認定で聞かれることはありません。

応募方法に記入するのは、インターネット応募に利用する転職サイトの名称です。

リクナビNEXT(利用は無料):業界最大手で求人数が多く、応募先を探しやすい。年齢問わず未経験の求人も多く万人向け。

doda(利用は無料):転職エージェントを兼ねている。転職支援サービスを利用して本格的に就職活動する人向け。

まとめると…

  • 失業認定申告書の書式にあるとおり、インターネットで応募すれば求職活動実績にできます。
  • 1社への応募が1回分の実績になります。2社へ応募すれば2回分の実績になります。
  • 応募した時点で実績になります。失業認定申告書には「選考結果待ち」と記入しておきます。
  • インターネット応募に利用できる転職サイトは、直接応募できること。ネット履歴書を利用できること。
  • インターネット応募に利用する求人を探すときは、職務経歴と同じ職業・職種で探すことがコツです。
求職活動で利用しやすい転職サイト・転職エージェント
タイトルとURLをコピーしました