失業認定申告書の書き方【初回・2回目・職業相談・セミナー・応募・派遣】

内職・手伝いの書き方

内職・手伝いをしなかった場合(通常はこちら)

  • イ に〇をする。

内職・手伝いをした場合

失業認定申告書の書き方 内職・手伝いをした場合を示す画像

  • ア に〇をする。
  • カレンダー:内職・手伝いをした日に×をする。
  • 収入のあった日:賃金を受け取った日(振り込まれた日)、金額、何日分かを記入する。

求職活動実績の書き方

初回講習(雇用保険説明会)

失業認定申告書の書き方 初回講習(雇用保険説明会)の場合を示す画像

  • 活動の方法:(ア)
  • 活動日:説明会の日付
  • 利用した機関の名称:説明会を実施したハローワーク・施設名称
  • 活動の内容:「雇用保険説明会」
初回講習は地域によって呼び方がちがいます。たとえば東京労働局の場合は「雇用保険受給説明会」です。初回講習のことを「職業講習会」と呼ぶこともあります。決まった書き方はないので、認定員に伝わる書き方で良いです。

職業相談(職業紹介・応募・面接辞退)

失業認定申告書の書き方 職業相談(職業紹介・応募・面接辞退)の場合を示す画像

  • 活動の方法:(ア)
  • 活動日:職業相談した日付
  • 利用した機関の名称:職業相談をしたハローワーク・施設名称
  • 活動の内容:「職業相談」
職業相談は、相談を受けたこと自体が実績になります。仕事を紹介してもらうことだけが相談とは限らないからです。紹介状をもらった場合でも、選考途中で取りやめても実績に変わりありません。
職業相談のみ2回でも求職活動実績!当然、失業認定されます

職業訓練の相談

  • 求職活動の方法:(ア)
  • 活動日:職業訓練相談を受けた日付
  • 利用した機関の名称:職業訓練相談を受けたハローワークの名称
  • 求職活動の内容:「職業訓練相談」
じつはハローワークの職業訓練の相談も求職活動実績になる!

セミナー(ハローワーク・転職サイト)

失業認定申告書の書き方 セミナー(ハローワーク・転職サイト)の場合を示す画像

  • 活動の方法
    ハローワークのセミナー(ア)
    転職サイトのセミナー(イ)
  • 活動日:セミナーを受講した日付
  • 利用した機関の名称:セミナーを受講した施設・機関の名称
  • 活動の内容:「セミナーを受講」
活動の内容には、受講したセミナー(講義名)も記入します。講義名まで書いておくと、求職活動の意欲が伝わりやすいはずです。
オンラインセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】

求人への応募(インターネット)

失業認定申告書の書き方 求人への応募(インターネット)の場合を示す画像

  • 事業所名・部署:応募した企業名
  • 応募日:応募した日付
  • 応募方法:利用した転職サイト名
  • 応募したきっかけ:インタ―ネット
  • 応募の結果:「選考結果待ち」
求職活動実績のために行なった応募を取りやめたとしても、その経過を記入する必要はありません。求人への応募は、応募した時点で実績にできるからです。応募の結果は「選考結果待ち」としておけば良いです。
インターネットの求人応募で求職活動実績~応募辞退まで解説

就職先の書き方

就職が決まっていない場合(通常はこちら)

  • ア 応じられる に〇をする。
ハローワークでは、ア 応じられる に〇が付いていることによって本人に仕事を探す意思があることをチェックしています。

就職が決まった場合

  • 求職活動(ハローワークの紹介や転職エージェントなど)により就職が決まった場合は、(1)に経緯を記入。
  • 求人(インターネットの求人など)に応募して就職が決まった場合は、(2)に経緯を記入。

  • イ 応じられない ー (ウ)に〇をする。
  • ア 就職に〇をする。
  • 就職先が決まったときの求職活動の方法を選択する。
    (1)ハローワーク職業相談(職業紹介)
    (2)ハローワーク関連施設、転職エージェント、派遣会社
    (3)自分で応募した場合
  • 入社予定日を記入する。
  • 就職先の会社名、所在地、電話番号を記入する。
失業認定日までに就職が決まったら…内定後の求職活動実績と失業認定申告書記入例

コロナ禍の緊急事態宣言中

  • イ 求職活動をしなかった
  • 理由:「新型コロナウイルス感染防止のため求職活動を行えなかった」
  • 備考:「新型コロナウイルス感染防止のため安定所に来所困難」
申告書を提出する日には認定日当日の日付を、受給資格者氏名・認印・支給番号を記入して郵送します。
タイトルとURLをコピーしました