失業保険もらいたいけど就職活動するふりが後ろめたい

失業保険をもらい続けようとしたら就職活動するふりになっちゃう。

仕事探すふりか、ふりじゃないかはどうしてわかるの?

ちゃんと2回分の求職活動実績を申告していても、失業認定のときはドキドキするものです。

「これは求職活動になりませんよ。」なんて言われたら…。

でも、失業保険はできるだけもらい続けたいと思うのが人情です。あせらずじっくり就職先を探したいもの。だから失業手当が目的の求職活動には、なんか後ろめたい気持ちを抱いてしまいます。

じつはハローワークが認めている求職活動をすれば、就職活動したふりにはなりません。

これらの方法でちゃんと2回の求職活動実績を申告すれば、たとえやる気がなくても失業認定してもらえます。

就職活動のふりとは

焦らずじっくり就職活動したいのに、毎月2回も求職活動しなければならない状況というのはけっこうきついものです。しかし、失業手当を支給してもらうためには、どうにかして就職活動を続けていかなければなりません。

こんな状況でおこなう就職活動は、なんとなくふりっぽくなってしまうし、後ろめたい気持ちになるのも仕方ないことです。この気持ちは、失業保険を受給中のみんなが抱いていることでしょう。

失業認定のときに、「就職活動、やる気ないんじゃないですか」「就職活動のふりしてるんじゃないですか」と見透かされないか心配になる人も多いかもしれません。

つまり、多くの人を後ろめたい気持ちにさせているのはやる気のふりなのです。でもハローワークが失業認定のときに見ているのは、やる気ではなく、2回の求職活動実績であることを理解すると疑問が晴れるでしょう。

実績2回あればふりではない

失業給付の支給を受けるためには、「失業」の状態にあることが必要。
失業とは、「積極的に就職しようとする気持ち」と「いつでも就職できる能力(環境・健康状態)」があり、「就職活動を行っているにもかかわらず、職業に就くことができない状態」にあること。

東京労働局『雇用保険受給資格者のしおり』

失業手当をもらうには「積極的に就職しようとする気持ち」が必要だと書かれています。

しかし、ハローワークの職員は超能力者ではないし、やる気ないかどうかを見抜けるわけがありません。そこで、毎月2回の求職活動実績があれば積極的に就職しようとする気持ちがあるとみなしています。

つまり、

「積極的に就職活動をやる気があるか。」

ではなく、考え方はむしろ逆で、

「2回も求職活動したのなら積極的とみなす。」

ということなのです。

そういうことだったんですね!

その求職活動2回は、ハローワークで職業相談する方法でもよいし、転職サイトで求人に応募する方法でも、セミナーを受講する方法でもよいわけです。セミナーは、応募や選考にかかわらないので気楽です。

ふりにならない求職活動

ハローワークが求職活動実績になると認めている求職活動は、失業認定申告書を見るとわかります。

  • (1)(ア)ハローワークによる職業相談・職業紹介・セミナー
  • (1)(イ・ウ)転職エージェントや派遣会社によるカウンセリング・話し合い・転職セミナー受講
  • (1)(エ)市区町村の求職支援施設(ジョブカフェ・サポステなど)による職業相談・職業紹介・セミナー
  • (2) 転職サイトで求人に応募

これらの求職活動を認定対象期間に2回やれば、失業認定で「積極的に求職活動を行った」とみなされます。たとえ就職活動にやる気がなくても、ふり・・にはならないわけです。

セミナーもじつは実績になる

  • ハローワークが実施する求職活動支援セミナー
  • 職業紹介事業者が実施する求職活動方法等を指導するセミナー

東京労働局『雇用保険受給資格者のしおり』

失業認定申告書に「セミナー」の文字は見当たりませんが、しおりに記載されているとおり、職業紹介事業者(いわゆる転職サイト)が実施するセミナーも求職活動実績になります。失業認定申告書3-(1)(イ)に記入して申告できます。

転職サイトでセミナーを受講する方法はこちらの記事で解説しています。

オンラインWebセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】

ふりになってしまう状態

「いつでも就職できる能力(環境・健康状態)」がある人に失業給付の受給資格があります。

  • 病気・けがをしている
  • 妊娠・出産・子育て中
  • 自営を始めた
  • 昼間の学校に通っている
  • 定年退職して、しばらく休むつもり

このような、すぐに仕事できる状態ではない人や、就職するつもりがない人には、そもそも失業給付の受給資格がありません。

また、雇用保険被保険者になれないような短時間労働を希望する場合も、失業給付を受けることはできません。もし、こういう状態にありながら失業手当を目的に求職活動するとふりをしたことになってしまい、処罰されます。

まとめ

  • 焦らずじっくり就職活動したいのに毎月2回も求職活動しなければならない状況でおこなう就職活動は、なんとなくふりっぽくなってしまうし、後ろめたい気持ちになるのも仕方ない。
  • ハローワークの職員は超能力者ではないし、やる気ないかどうかを見抜けるわけがない。そこで、毎月2回の求職活動実績があれば積極的に就職しようとする気持ちがあるとみなしている。
  • ハローワークが求職活動実績になると認めている求職活動は、失業認定申告書を見るとわかる。ハローワークで職業相談する方法でもよいし、転職サイトで求人に応募する方法でも、セミナーを受講する方法でもよい。セミナーなら応募や選考にかかわらないので気楽。
  • 「いつでも就職できる能力(環境・健康状態)」がある人に失業給付の受給資格がある。すぐに仕事できる状態ではない人や、就職するつもりがない人には、そもそも失業給付の受給資格がない。

失業認定にはちゃんとした服装・髪型で

例えば、髪型はドレッド、ダボダボのパンツを履いて失業認定にきた人がいたとしたら、認定員はこう思うでしょう。

「いったい、どんな会社に応募してるんだろう?ほんとに求職活動してるのかな?」

普通に考えても就職活動を続けている人というのは、面接にそなえて髪はちゃんと切っているし、普段から身なりにも気を付けて生活しているはずです。

だから、失業認定のときくらいは綺麗めの服装で髪を整えて行けば、その外見だけで「ちゃんと就職活動してそうだな。」と思ってもらえるものです。

私はわざわざスーツで行っていました。毎回あっさりと認定してもらってました。

で、ちゃんと求職活動はしてたんですか?

だいたいは転職サイトでセミナーを受講していました。

タイトルとURLをコピーしました