じつはハローワークの職業訓練の相談も求職活動実績になる!

ハローワークで職業訓練の相談を受けると、1回分の求職活動実績になります。

職業訓練の相談を受けたからといって、必ずしも申込みする必要はありません。職業訓練の相談を受けた時点で実績です。

相談の終わりに雇用保険受給資格者証に押印してもらえます。その押印が求職活動実績を証明するものになります。

ただし、職業訓練の相談は、失業給付期間中に何度も受けることができません。他の求職活動と併用して2回分の実績をつくることになります。

この記事では、ハローワークの職業訓練の相談で求職活動実績にする方法を解説します。

職業訓練の相談とは

ハローワークの求職者支援の一つに職業訓練があります。職業訓練では、再就職に役立つ技術や資格を身につけることができます。

ハローワークでは職業訓練専門の相談窓口を設けています。職業訓練に関することなら何でも相談できます。

この職業訓練の相談を受けることが求職活動実績になります。

職業訓練の相談を受けるだけでいいんですか?

相談を受けたこと自体が求職活動実績になります。

職業訓練の相談を受けると、1回分の求職活動実績になります。

ただし、職業訓練相談の利用は、失業保険の受給期間中に1~2回くらいが適当です。相談の履歴はハローワークに残っています。相談のたびに違う職業訓練の相談をしていると、不自然な態度にも見えるでしょう。

職業訓練相談の方法・手順

職業訓練相談は、ハローワークの受付で申込みすればその日のうちに相談を受けられます。次のような手順になります。

  1. 職業訓練の案内・パンフレットを入手して、相談を受ける職業訓練を選んでおく。
  2. ハローワークの受付で、職業訓練相談を申し込む。
  3. 職業訓練の相談ブースで相談する。
  4. 相談が終わったら雇用保険受給資格者証に押印してもらう。

職業訓練相談では職業訓練に関することなら何を相談しても構いませんが、職業訓練校の倍率を聞くのが簡便です。

職業訓練校は定員が決まっています。興味のある職業訓練校がどのくらいの倍率なのかを聞くのは、動機としても自然です。

職業訓練校の応募倍率を聞くと、相談員が過去の応募倍率を調べて教えてくれます。

コロナ禍で失業者が増えたことで、職業訓練を受けたい人も急増しています。

職業訓練校に入校すると、訓練期間が終了するまで失業給付を延長できる制度があります。この制度について相談するのも良い方法です。

申込みしなくても実績

失業の認定における求職活動実績となるもの

(2) ハローワークが実施するもの

求職申込み、職業相談、職業紹介等

職業訓練相談は、ハローワークが実施する求職活動にあたります。つまり、職業訓練相談を受けたことが求職活動実績になります。

職業訓練の相談を受けると、申込書を出して渡してくれることがあります。申込書を渡されたからといって、必ず申込みしないといけないわけではありません。

職業訓練校に通うかどうするかを検討するのは自由です。また、申込みしない場合でも、それをハローワークに伝える必要はありません。

申込みする場合だけ、申込書を提出すればよいということですね。

失業認定申告書 記入例

  • 求職活動の方法:(ア)
  • 活動日:職業訓練相談を受けた日付
  • 利用した機関の名称:職業訓練相談を受けたハローワークの名称
  • 求職活動の内容:「職業訓練相談」

職業訓練相談は、公共職業安定所による求職者支援にあたります。よって、求職活動の方法は(ア)を選択します。

職業訓練相談を何度も受けることはないので、多くは他の求職活動と併用して実績2回分を記入します。

職業訓練相談と併用する求職活動

職業訓練相談と併用する求職活動には、転職サイトの求人に応募する方法があります。

転職サイトの求人への応募は、1社の応募を1回分の求職活動実績にできます。応募した時点で求職活動実績になります。

応募には、自分で応募先を探して直接応募できる転職サイトを利用します。直接応募できる転職サイトにはリクナビNEXTがあります。リクナビNEXTは求人数が業界最多なので、応募先を探しやすいというメリットがあります。

転職サイトの求人に応募して求職活動実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネットの求人応募で求職活動実績~応募辞退まで解説

まとめると…

  • ハローワークの求職者支援の一つに職業訓練がある。職業訓練では、再就職に役立つ技術や資格を身につけることができる。
  • ハローワークで職業訓練の相談を受けると、1回分の求職活動実績になる。
  • 職業訓練相談では職業訓練に関することなら何を相談してもよい。職業訓練校の倍率を聞くのが簡便。
  • 相談の終わりに雇用保険受給資格者証に押印してもらえる。
ウェブ応募も求職活動実績にできる【申告書記入例まで解説】
タイトルとURLをコピーしました