国家試験・検定の受験を求職活動実績にする場合の注意点

資格試験の受験は、失業保険(雇用保険)の受給に必要な求職活動実績になります。

資格試験とは、国家試験や検定が該当します。『雇用保険受給資格者のしおり』(東京労働局)には次のように記載されています。

失業の認定における求職活動実績となるもの

(5) 再就職に資する各種国家試験・検定等の資格試験を受験

しかし、求職活動実績を得るための方法としては、あまり優れないでしょう。

なぜなら、資格試験勉強中の求職活動が免除されるというわけではないからです。

失業中に何らかの資格試験を受験したときに、その受験だけは1回分の求職活動実績として申告できます。

この記事では、国家試験・検定の受験を求職活動実績にする場合の注意点について解説します。

求職活動実績の作り方|面接しなくても確実に実績になる方法があります

受験が求職活動実績

資格試験を求職活動実績として申告するときは、受験を求職活動として申告します。

勉強期間や試験申し込みは求職活動にあたりません。

認定期間(認定日~認定日前日)に受験があった場合は、その1回の受験を求職活動実績1回分として申告できます。

受験だけだと1回分なので、あと1回はどうすればいいんですか?

あと1回は、何らかの求職活動を行って実績にしてください。

再就職に資するとは

資するとは

資するとは、助けとなる。役に立つ。ということ。

すなわち、再就職に資するとは、次のように理解できます。

  • 再就職のための就職活動の助けとなる。
  • 再就職先の仕事で役に立つ。

再就職のための就職活動において、その資格が必要であり、資格保有欄に記入することで有利になる場合は「資する」と言えます。

また、再就職したい業界・職種が決まっており、そこでの仕事で資格の知識や技術が役に立つことが明らかな場合は「資する」と言えます。

注意したいのは民間資格です。

民間資格には、省庁など公的機関の認可が要らない私的な資格が多くあります。多くは趣味性の高い分野ですが、その資格が「再就職に資する」とハローワーク側に説明できるかどうかが判断基準になります。

民間資格には悪徳業者がいます。趣味性の高い無意味な資格を勝手に乱造して、講座を売って金儲けしています。こういう業者の資格は受験しても求職活動実績として認められないのでご注意ください。

各種国家試験・検定等とは

求職活動実績になる国家試験・検定とは、次のようなものです。

国家試験

司法試験・公認会計士・司法書士・税理士・医師・中小企業診断士・気象予報士・管理栄養士・行政書士・宅建士など

検定(公的資格)

日商簿記検定・実用英語技能検定(英検)・介護支援専門員(ケアマネジャー)・伝統工芸士・登録販売者など

検定(民間資格)

TOEIC・MOS試験・インテリアコーディネーター・ファイナンシャルプランナー・サービス介助士・秘書技能検定など

私は日商簿記検定3級を受験して求職活動実績1回分にしました。

合格しましたか?

合格しました。しかも、面接ウケがけっこう良いんです。

失業認定申告書の記入例

  • 求職活動の方法:記入なし
  • 活動日:国家試験または検定の受験日
  • 利用した機関の名称:記入なし
  • 求職活動の内容:国家試験または検定の名称

活動日には、試験を受験した日付を記入します。

求職活動の内容には、試験の名称を記入します。

受験を実績として申告する際の注意点

失業認定のときに、試験を受験したことを証明するものが必要です。

試験の名称と、受験日が記載されている書類(受験票など)を失業認定申告書を一緒に提出します。

受験票は受験日に回収されることがあるので、事前にコピーを取っておくのが良いでしょう。

勉強期間の求職活動実績をどうするか

資格の勉強期間に認定日がある場合は、認定日までに所定の回数の求職活動を行って実績として申告すれば、失業手当が支給されます。

勉強中だからといって、求職活動が免除されるわけではないことに注意しなければなりません。

そもそも、学業に専念する場合は雇用保険受給資格は得られません。

失業保険(雇用保険)は、熱心に求職活動をしているにもかかわらず、失業の状態が続いている場合に支給される手当だからです。

忙しい勉強期間中に、短時間で求職活動実績を得る方法があります。

  1. ハローワークで職業相談を受ける
  2. 転職サイトの求人に応募する

① ハローワークで職業相談を受ける

ハローワークの職業相談は、ハローワークで申し込めばその日のうちに相談を受けられます。

職業相談を1回受けると、求職活動実績1回分になります。

とは言え、受験を控えているときに仕事を紹介されても困るものです。

仕事を紹介されることがなく職業相談を受ける方法があります。こちらの記事で解説しています。

② 転職サイトの求人に応募する

転職サイトの求人に応募する方法は、家に居ながらその日のうちに応募を済ませることができます。

求人への応募は、1社への応募が求職活動実績1回分になります。

直接応募できる転職サイトを利用します。サイト内でプロフィール(またはウェブ履歴書)を作成して求人企業に送信すれば応募は完了です。

転職サイトの求人に応募する方法はこちらの記事で解説しています。

まとめ

  • 再就職に資する資格試験の受験は、失業保険(雇用保険)の受給に必要な求職活動実績になる。
  • 認定期間(認定日~認定日前日)に受験があった場合は、その1回の受験を求職活動実績1回分として申告できる。
  • 再就職のための就職活動において、その資格が必要であり、資格保有欄に記入することで有利になる場合は「資する」と言える。
  • 失業認定のときに、試験の名称と、受験日が記載されている書類(受験票など)を失業認定申告書を一緒に提出する必要がある。
  • 資格の勉強期間に認定日がある場合は、認定日までに所定の回数の求職活動を行って実績として申告すれば、失業手当が支給される。
  • 勉強期間中に、短時間で求職活動実績を得る方法は2つ。ハローワークで職業相談を受ける。転職サイトの求人に応募する。
タイトルとURLをコピーしました