就職支援セミナーのみで求職活動実績【選考なしで楽に実績】

ハローワーク就職支援セミナーのみを利用して求職活動実績にするためにセミナーを受講する様子を示す画像

就職支援セミナーが求職活動実績になるって聞いたけど、どうやって受ければいいんだろう。

セミナーのみでも求職活動実績になるの?

ハローワークや転職サイトが実施するセミナーを受講することで、求職活動実績になります。セミナーの場合、応募や選考がないので気楽です。

セミナーは受講した時点で1回分の求職活動実績になります。もちろん、セミナーのみ2回の求職活動を実績としても失業認定されます。

セミナーに申し込んでから受講までたった数日なので、認定日が近いときにも有効活用できます。

この記事では、セミナーのみで求職活動実績にする方法について解説します。

さらに後半では、セミナーを受講できるほどの時間的余裕がないときに使える求人に応募する方法についても説明します。

【これでバッチリ失業認定】求職活動実績の作り方
ハローワークや転職サイトが実施するセミナーを受講しても求職活動実績になります。受講した時点で1回分の実績です。セミナーのみ2回の求職活動を実...

セミナーのみで実績になる

  • セミナー受講が実績になることは『雇用保険受給資格者のしおり』に書いてある。
  • 1回のセミナー受講が1回の求職活動実績。セミナーのみ2回の受講を求職活動実績にしてもよい。
  • 失業認定申告書の3-(1)求職活動欄に記入して申告できる。

失業保険の受給に必要な求職活動実績では、セミナー受講も実績としてみてもらえます。

セミナーのみでも、認定日までに2回の受講を済ませれば求職活動実績として申告できて失業認定してもらえます。

セミナーに申し込みした時点では実績になりません。申し込みから受講までは数日なので、認定日に間に合うように受講のスケジュールを立てる必要があります。

求職活動はセミナーばかりでも問題ない

求職活動がセミナーばかりでも、2回の実績があれば失業認定してもらえます。ハローワークのセミナーと転職サイトのセミナーを組み合わせても問題ありません。

ただし、同じセミナーを2回受講するのではさすがに疑問を持たれるでしょう。セミナーばかりで求職活動するときは、別なセミナーを受講するのが自然です。

ハローワークの就職支援セミナーばかりが求職活動実績になるわけではありません。じつは転職サイトのセミナーを受講する方法でも求職活動実績になります。

実績になるセミナーとは

ハローワークが実施するもの(ワークプラザなどを含みます。)

求職申込み、職業相談、職業紹介等(その他、職業講習会、求職活動支援セミナー…なども該当します。)

許可・届出がある事業者(職業紹介事業者、労働者派遣事業者、地方公共団体)が実施するもの

求職申込み、職業相談、職業紹介、求職活動方法等を指導するセミナー

『雇用保険受給資格者のしおり』には上のような記載があります。求職活動実績になるセミナーとは、主に次の2つになります。

  • ハローワークのセミナー:ハローワークが実施している就職支援セミナー。ただ、定員が少ないうえに申し込みが殺到する。
  • 職業紹介事業者のセミナー:転職サイトが実施している転職セミナー。開催頻度が多く、申込みから数日のあいだに受講できる。
ハローワークの就職支援セミナーを受講すると実績になることは知られていますが、じつは転職サイトのセミナーを受講する方法でも実績になります。

ハローワークのセミナーはスタンプあり

ハローワークの就職支援セミナーは、受講すると雇用保険受給資格者証にスタンプをもらえます。(上の画像のようなスタンプです。)このスタンプは求職活動の証拠になるので、失業認定で必ず実績としてみてもらえます。

転職サイトのセミナーはスタンプがないけど、受講したことをどう証明するんですか?

求職活動実績は自己申告なので基本的には証明は要りません。もし疑われても、転職サイト側に受講者の記録が残るので大丈夫です。

セミナー受講までの手順

ハローワークの就職支援セミナー転職サイトのセミナー、それぞれの受講方法と手順を説明します。

ハローワークのセミナー

出典:東京ハローワーク

  1. ハローワークの就職支援セミナーの予定表を入手する。
  2. 受講するセミナーを選んで、ハローワークに申し込みする。
  3. セミナー受講日に受講する。雇用保険受給資格者証に押印してもらう。

ハローワークの就職支援セミナーは、ハローワークのサイトやハローワークに置いてあるチラシで情報入手できます。

受講日の2~3週間前に申込開始されるので、申し込みから受講まで早くても2週間ほどかかります。認定日までに余裕をもったスケジュールを立てる必要があります。

私が受講した就職支援セミナーで一番ためになったのは『労働法制セミナー』です。就労中のみならず、求職中にも役立つ法律の知識を学べました。

転職サイトのセミナー

  1. セミナーを実施している転職サイトに利用登録して、セミナー情報(開催スケジュール)を見る。
  2. 受講するセミナーを選んで、サイト内で申し込みする。
  3. セミナー受講日に受講する。

転職サイトが実施するセミナーは転職サイトで情報(開催スケジュール)を入手できます。

転職サイトのセミナーは申込みから数日のあいだに受講できるのが便利です。認定日まで日数があまりないときでも、スピーディーに求職活動実績をつくることができます。

セミナーでの求職活動は、応募や選考にならないので気楽ですね。

オンラインWebセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】
ハローワークや転職サイトが実施するセミナーを受講しても求職活動実績になります。受講した時点で1回分の実績です。セミナーのみ2回の求職活動を実...

失業認定申告書 記入例

  • 求職活動の方法
    ハローワークの就職支援セミナー(ア)
    転職サイトのセミナー(イ)
  • 活動日:セミナー受講日
  • 利用した機関の名称:セミナーを受講したときに利用した施設・サイト名称
  • 求職活動の内容:「セミナー受講」

ハローワークの就職支援セミナーは、画像の記入(上)を参考にしてください。

転職サイトのセミナーを受講するときは、画像の記入(下)を参考にしてください。

受講したセミナー名(講義名)まで記入すると、失業認定のときに求職活動への意欲が伝わりやすいです。

セミナーを受講する時間がない

セミナーのみを求職活動実績にしようすると、申し込みから受講までに日数がかかるため現実にはスケジュールが厳しいでしょう。

セミナーを受講する時間的余裕がないときは、転職サイトの求人に応募する方法で求職活動実績にできます。

転職サイトの求人に応募すると、1社への応募を1回分の求職活動実績にできます。

転職サイトのセミナーを受講する方法で1回分、残りの1回分を求人応募で実績にするのがおすすめです。

インターネットで求人に応募で求職活動実績~辞退まで解説
ハローワークや転職サイトが実施するセミナーを受講しても求職活動実績になります。受講した時点で1回分の実績です。セミナーのみ2回の求職活動を実...

まとめ

  • 失業保険に必要な求職活動実績は、セミナーの受講が実績としてみてもらえる。
  • セミナーのみでも、認定日までに2回の受講を済ませれば求職活動実績として申告できて失業認定してもらえる。
  • 求職活動実績になるセミナーとは、ハローワークの就職支援セミナー。転職サイトのセミナー。
  • ハローワークの就職支援セミナーは、申し込みから受講まで早くても2週間ほどかかってしまう。
  • 転職サイトのセミナーを受講する方法は、申込みから数日のあいだに受講できるので、失業認定まで日数がないときでも便利。セミナーは応募や選考にかかわらないので気楽。
タイトルとURLをコピーしました