失業手当の振込は認定日から何日の何時か【最短2日後朝一】

失業手当っていつ振り込まれるんだろう。できれば早めに振り込んでくれたら嬉しいんだけど…。

私が失業保険を受給していたときは、失業認定の2日後には銀行口座に振込みされていました。

ただ、支給の手配にかかる日数はハローワークによって違うでしょう。なかなか振込みされなくても1週間くらいは様子見していれば振り込まれるはずです。

この記事では、失業手当の振込が認定日から何日くらいかかり、何時ころに振込みされるのかについて解説します。

失業認定では求職活動2回を申告する必要があります。セミナーを受講する方法なら、応募や面接しなくて済むので気楽です。
【リセット】失業保険を一度もらうと次は何年後までもらえない?

失業保険の振込み日は決まっていない

  • 失業手当の振込み日は決まっていない。
  • 失業認定から最短でも2日後になる。

失業保険(失業手当)の振込み日というのは明確に決まっていません。

失業認定が済んだ受給者のチェックや支給の手配にどのくらいの時間がかかるかは、ハローワークによって違うからです。

認定日から振込みまで最短2日後

失業保険の振込みは、認定日から最短で2日後に振込みされています。

私の場合は失業認定が「火-4型」で、振込みされたのはいつも木曜日。つまり、振込みは最短で2日後となります。

翌日に振込みは考えにくい

失業保険(失業手当)の振込みが翌日になることは考えにくいです。

失業認定のあと、その翌日に支給の手配がおこなわれるからです。さらに銀行が口座振込みを実施できるのは、どんなに早くても翌々日になってしまうでしょう。

振込みの時間帯は朝一~午前中

  • 失業保険(失業手当)の振込は、早ければ失業認定の翌々日に朝一だった。
  • 遅くても午前中の時間帯には振り込みを確認できていた。

私の場合はいつも失業認定の翌々日に振り込みされていて、その日に銀行口座を確認すると早ければ朝一に振り込みされていました。

振込が遅いときでも午前中には振り込みされました。

失業認定に問題がなければ、その次の日に支給の手配がおこなわれるので、さらにその次の日に銀行が営業開始から間もなく口座振込を実施するという流れになっています。

失業保険の振込は何時なのか

失業保険の振込が何時なのかは、銀行の営業開始時間と口座振込手続きにかかる時間によるでしょう。

ほとんどの銀行の営業開始時間は午前9時となっています。あとは銀行が営業開始してからおこなう口座振込の作業によって、午前9時過ぎだったり正午ごろになったりします。

銀行(金融機関)の処理が遅れれば、振込み時間は遅くなります。

失業保険の初回認定日の振込

失業保険の初回認定日の振込は、認定日の翌々日以降になります。

  • 自己都合:給付制限が明けて最初の認定日に支給の判断がおこなわれる。(※初回認定日は給付制限期間にあります。)
  • 会社都合:受給資格決定日から約1ヵ月後に初回認定日があり、支給の判断がおこなわれる。

初回認定日の振込金額

失業保険の初回認定日の振込金額は、退職理由によって違います。

  • 自己都合:給付制限が明けた日から認定日まで日数分 × 基本手当日額
  • 会社都合:待期が明けた日から認定日までの日数分 × 基本手当日額

失業保険の最初の振込が少ないのはなぜか

失業手当の最初の支給額は、待機や給付制限によって認定日までの日数が少なくなります。多くは14日~21分になります。初回の振込額が少ない金額になるのはこのためです。

2回目の失業認定から、基本手当日額の28日分が振込金額になります。

失業手当の月額の計算は、こちらの記事の計算機で算出できます。

認定日の曜日による振込日

失業保険の認定日には曜日にもとづいた「型」があり、振込日の曜日はだいたい予想できます。

認定日の翌々日に振込みされるとした場合、認定日が火曜日なら振込みは木曜日。認定日が水曜日なら振込みは金曜日になります。

ただし、ハローワークで支給の手配に時間がかかった場合は、振込日にズレが生じるでしょう。

土日に振込みされることはない

失業保険の振込みが土日になることはありません。銀行が土日に営業していないからです。

もし、失業認定が金曜日の場合は、早くても土日をはさんで翌週火曜日に振込みされることになります。

オンラインWebセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】

失業保険が振り込まれない場合

振込みされない原因

  • 失業認定から1週間(5営業日)くらいは前後する。
  • 失業認定のあとのチェックに時間がかかっている。
  • 銀行の振込口座の情報に間違いがある。

失業保険が振り込まれない場合は、上の点を考慮してみると良いでしょう。

失業認定から1週間(5営業日)くらいは様子見の期間です。ハローワークによっては人手が少なかったり、受給者が多かったりすると支給の手配に時間がかかる場合もあります。

失業認定のあとのチェックに時間がかかっている場合があります。たとえば、就労・内職などで収入があったことを申告すると、不正や減額のチェックに手間がかかります。

銀行の振込口座に間違いがあったり、銀行側で支店を統合したことによる店番の変更があると、照合や訂正に時間を取られます。

失業保険(失業手当)の振込みが遅いと感じても5営業日くらいは待ってみて、それでも振込みされていなければハローワークに問合わせしてみると良いでしょう。

まとめ

  • 失業保険(失業手当)の振込み日というのは明確に決まっていない。
  • 失業保険の振込みは、認定日から最短で2日後に振込みされる。
  • 私の場合はいつも失業認定の翌々日に振り込みされていて、その日に銀行口座を確認すると早ければ朝一に振り込みされていた。
  • 失業保険の振込が何時なのかは、銀行の営業開始時間と口座振込手続きにかかる時間による。
  • 失業保険の初回認定日の振込は、認定日の翌々日以降になる。自己都合で退職した場合は、給付制限が明けて最初の認定日に支給の判断がおこなわれる。
  • 認定日の翌々日に振込みされるとした場合、認定日が火曜日なら振込みは木曜日。認定日が水曜日なら振込みは金曜日になる。
  • 失業認定では求職活動2回を申告する必要がある。セミナーを受講する方法なら、応募や面接しなくて済むので気楽。
タイトルとURLをコピーしました