失業保険でアルバイトがバレなかった人はどんな方法だったのか

失業保険の受給中にアルバイトをすることは認められています。失業認定でアルバイトの状況をちゃんと申告すれば、問題なく失業手当を受給できます。

アルバイトしたことを隠して失業手当を受け取ると処罰されます。

でも実際には、アルバイトをしたけどバレなかった人も少なからずいるでしょう。

  • 駄賃だちんとして受け取った
  • クラウドソーシングの報酬をプールした
  • 現金が手渡しされるアルバイトをした

これらの方法は、バレない可能性が高いですが、じつはどれもアウトです。

この記事では、失業保険でアルバイトがバレなかった人はどんな方法でやったのかを解説します。

【給付制限3ヶ月】失業保険のバイトの条件「31日?20時間?」

バイトがバレなかった人

  • 「失業保険を受給している」ことを、絶対にバイト先で言わなかった。
  • 給料を受け取った痕跡こんせきを残さなかった。

失業保険の受給中に、こっそりアルバイトをしたけどバレなかった人は、頭がよいか、運がいいかというだけのことです。

アルバイトが発覚する原因でもっとも多いのは、同僚や知人からの通報・密告となっています。

アルバイト先で「じつは失業保険もらってるんだ」とは絶対に言わないこと。わざわざ言う必要もありません。

給料を受け取った痕跡が残らないようなアルバイトも、なかなかバレないと言えるでしょう。

アルバイトはバレないのか

失業保険を受給中にアルバイトをすることは認められています。失業認定でちゃんとアルバイトの状況を申告すれば、「バレない」とかではなく、そもそも問題にはなりません。

では、失業手当を受け取ったにもかかわらず、アルバイトしたことを隠した場合はバレないのか。

これは、「バレない」と言い切ることはできません。

  • 失業手当とバイト代を二重取りしていることをねたんで、通報・密告する人がいるから。
  • バイト先が、給与天引きした納税者を税務署に申告するから。
  • 勤務が多くなると、バイト先は労働者を雇用保険に加入させなければならないから。

失業手当をもらいつつバレないようにアルバイトをすることは、けっこう難しいわけです。

じつはアルバイトをしないで過ごすのが、もっとも安全に失業手当を受給する方法です。失業認定では求職活動実績2回が必要ですが、セミナーを受講する方法なら応募や面接がいらないので気楽です。

アルバイトがバレない方法

  • 駄賃だちんとして受け取った
  • クラウドソーシングの報酬をプールした
  • 現金が手渡しされるアルバイトをした

失業保険を受給しつつ、アルバイトをしてもバレない方法がないわけではないです。バレにくいアルバイトはあります。

ただ、お金を稼ぐ目的でおこなった行動は、すべて失業認定で申告しなければならないルールになっています。

お駄賃として受け取った場合

お駄賃は、ふつうに考えるとお手伝いの報酬になります。

でも、手伝いをした事実があれば、失業認定で申告しなければならないルールになっています。

お手伝いしたことを調べようがないので、バレない可能性は高いです。

クラウドソーシングの報酬をプールした場合

クラウドソーシングなら、こっそり内職で働くことができそうです。

でも、内職した事実があれば、失業認定で申告しなければならないルールになっています。

報酬をプール(貯める)して銀行振込をしないでおけば大丈夫そうですが、内職したことを申告するルールになっています。

報酬の銀行振込をしなければバレないです。でも、肝心のお金が手に入りません。

現金が手渡しされるバイトをした場合

現金が手渡しされるアルバイトなら、なかなかバレないような感じがします。

でも、働いた事実があれば、失業認定で申告しなければならないルールになっています。

領収証も書かないような現金手渡しのバイトなら、バレない可能性は高いです。

給料手渡しならバレないのか

給料を手渡しするようなアルバイトならバレないのではないかと考えるかもしれません。たしかにバレない可能性が高いです。

ただ、給料手渡しのアルバイトでも、ふつうは領収証を書きます。バイト先(雇い主)は、誰にいくら給料を払ったのかを管理しなければならないからです。

給料を手渡しされたことがバレないようなアルバイトは、常識的に考えて結構ヤバいアルバイトになるでしょう。

雇い主が反社会的だったり、仕事内容が違法なものだったりするかもしれません。

単発バイトならバレないのか

失業保険を受給しつつ「単発バイトをすればバレないのではないか」と考えがちです。

登録しておけば単発バイトを紹介してくれるサービスもありますが、その紹介会社がまとめてバイト代を銀行振込するケースがほとんどです。

結局のところ、バイト代を銀行振込されたり、バイト代から所得税を天引きされたりすると証拠が残ってしまいます。

単発バイトだからバレない。ということにはなりません。

まとめ

  • 失業保険を受給中にアルバイトをすることは認められている。
  • アルバイトが発覚する原因でもっとも多いのは、同僚や知人からの通報・密告。
  • 失業保険を受給しつつ、アルバイトをしてもバレない方法がないわけではない。
  • ただ、お金を稼ぐ目的でおこなった行動は、すべて失業認定で申告しなければならないルールになっている。
  • 給料を手渡しされたことがバレないようなアルバイトは、常識的に考えて結構ヤバいアルバイトと言える。
  • 結局のところ、バイト代を銀行振込されたり、バイト代から所得税を天引きされたりすると証拠が残ってしまう。
タイトルとURLをコピーしました