ウェブ応募も求職活動実績にできる【申告書記入例まで解説】

ウェブ応募も求職活動実績になるって本当なのかな。

ウェブで応募するってどうやるんだろう。失業認定申告書にはどう記入するの?

転職サイトの求人にウェブ応募しても求職活動実績になります。1社への応募が1回分の求職活動実績です。

認定日までに2社に応募すれば2回分の求職活動実績となり、失業認定に必要な要件を達成できます。

ウェブ応募には直接応募できる転職サイトを利用します。応募したあと、取りやめても実績には変わりありません。応募したことが実績だからです。

失業認定申告書には、応募先の会社名(事業所名)を記入して、応募の結果を「選考結果待ち」として申告します。

この記事では、転職サイトの求人にウェブ応募して求職活動実績にする方法を解説します。

さらに後半では、転職サイトのセミナーで求職活動実績にする方法も紹介します。

ウェブ応募で求職活動とは

ウェブ応募で求職活動とは、転職サイトの求人に応募することです。

求職活動実績になる「求人への応募」は、転職サイトの求人への応募でも構いません。

1社への応募が1回分の求職活動実績になります。認定日までに2社に応募すれば2回分の求職活動実績を達成できます。

失業認定申告書には応募先の社名を記入し、応募の結果を「選考結果待ち」としておきます。

求職活動実績のために応募するのはいいけど、その後はどうしたらいいんですか?

応募先から選考通過の連絡があった場合にのみ、サイト内のメールを使って返信すれば良いです。

応募を取りやめるときは、次のような文面で返信しておけば当たりさわりありません。

ご連絡くださいましてありがとうございます。先に他社より連絡をいただき、そちらで検討を進めております。この度はありがとうございました。

ウェブ応募向き転職サイト

ウェブ応募に向いている転職サイトってあるんですか?

個人的には、リクナビNEXTが使いやすかったです。

ウェブ応募に使いやすい転職サイトには次のような特長があります。

  • 求人を探して自主的に応募できる。
  • 求人数が多くて応募先を探しやすい。
  • ウェブ履歴書で応募できる。

リクナビNEXTは業界最大手なので求人数が圧倒的に多く、応募先を探しやすいです。

また、レジュメと呼ばれるウェブ履歴書を作成しておけば、今後もウェブ応募で使い回すことができて便利です。

ウェブ応募のやり方・手順

出典:リクナビNEXT

ウェブ応募のやり方は、次のような手順になります。

  1. 直接応募できる転職サイトに利用登録する。
  2. サイト内でウェブ履歴書を作成する。
  3. 応募先を探して、ウェブ履歴書を送信するかたちで応募する。
  4. 失業認定申告書の応募欄に実績として記入する。

応募先を探すときのコツ

応募先を探すときは、自分の職歴と同じ職業・職種で探すと応募先を絞りやすいです。志望理由も考えやすいでしょう。

未経験の業種や職種で応募先を探そうとすると、求人内容のしがわからなくて時間がかかります。

失業認定まで時間がなくて急いでいるときは、直近の職業・職種から応募先を選ぶのが良いです。

失業認定申告書 記入例

ウェブ応募で求職活動実績を申告する場合の失業認定申告書の記入例を示す画像

  • 事業所名・部署:応募した企業名
  • 応募日:ウェブ応募した日付
  • 応募方法:ウェブ応募に利用した転職サイト名
  • 応募したきっかけ:(エ)インタ-ネ ット
  • 応募の結果:「選考結果待ち」

応募日の欄には、認定日の前日までの日付を記入するようにします。

応募の結果は、「選考結果待ち」と記入しておきます。選考通過したり取りやめたりしたことをわざわざ記入しなくても構いません。むしろ、認定の時に突っ込まれる要素になるので、書かないようにしたほうがいいです。ウェブ応募は応募したことが実績なので、結果を詳しく書くことに意味はありません。

応募と併用したいセミナー

ウェブ応募のほかに、ウェブを利用した求職活動ってあるんですか?

あまり知られていませんが、転職サイトが実施するセミナーを受講しても求職活動実績にできます。

転職サイトが実施するウェブセミナーを受講すると、1回のセミナー受講が1回分の求職活動実績になります。

このウェブセミナーとは、求職活動を目的にしたセミナーに限ります。

『雇用保険受給資格者のしおり』には、「職業紹介事業者である転職サイトが実施する求職活動方法等を指導するセミナー」と記載されています。これに当てはまるセミナーであれば問題ありません。

たとえばマイナビジョブ20'sは、面接対策や転職市場分析などの求職活動に関するセミナーを実施しています。

オンラインセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】
転職サイトの求人にウェブ応募しても求職活動実績になります。1社への応募が1回分の求職活動実績です。認定日までに2社に応募すれば2回の求職活動実績を達成...

まとめると…

  • 転職サイトの求人にウェブ応募しても求職活動実績にできる。
  • 1社への応募が1回分の求職活動実績。認定日までに2社に応募すれば2回分の求職活動実績を達成できる。
  • 応募したあと、取りやめても実績には変わりない。応募先から選考通過の連絡があった場合にのみ、サイト内のメールを使って返信すれば良い。
  • ウェブ応募に使いやすい転職サイトは、自主的に応募できること。求人数が多いこと。ウェブ履歴書で応募できること。
求職活動で利用しやすい転職サイト・転職エージェント
転職サイトの求人にウェブ応募しても求職活動実績になります。1社への応募が1回分の求職活動実績です。認定日までに2社に応募すれば2回の求職活動実績を達成...
タイトルとURLをコピーしました