求職活動実績が足りない…失業手当の処置と認定日当日の対応

求職活動実績が足りないときはどうすればいいの?

失業手当はどうなるのかな。支給が停止されたら困る…

求職活動実績が足りないと不認定となり、失業手当の支給は次回の認定に見送られます。

認定日当日にハローワークに行くことができるなら行って、不認定の処理をしてもらいます。

このとき、次回の認定期間が設定されて、次回用の失業認定申告書を渡してくれます。

この記事では、求職活動実績が足りないときの失業手当の処置と認定日当日の対応について解説します。

さらに、実績が足りない状況でも急いでできる求職活動について後半で説明します。

実績が足りないと手当はどうなるのか

求職活動実績が足りない場合に失業手当の給付がどうなるのかを説明する画像

たとえば2回目の認定期間に実績不足だったとすると、その分の支給はされません。

3回目の認定期間にまた実績2回を達成すれば、支給が再開されます。

認定期間に必要な求職活動実績が足りないときは不認定となります。

その認定期間分の失業手当の支給はされず、支給は次回の認定に見送られます。

求職活動実績が足りないからといって失業手当の支給が停止したり、減額したりすることはありません。

ただし、失業手当の給付は離職日から1年間が限度となっていることに注意が必要です。支給の見送りが続いて離職日から1年を超えてしまうと、その超えた分の失業手当はもらえなくなります。

認定期間とは

認定期間とは、認定日から認定日前日までの28日間のことです。この認定期間に原則2回の求職活動の実績があることが、失業給付の支給の条件となっています。

実績が足りない場合どうするのか

求職活動実績が足りない場合に、認定日にはどう対処したらいいのでしょうか?

求職活動実績が足りないまま認定日になってしまったときは、次回の認定期間を再設定してもらう必要があります。

次回の認定期間に求職活動を2回行って実績として申告できれば、ふたたび失業手当を支給してもらえるようになります。

  • 認定日にハローワークに行ける場合:ハローワークに行って不認定の処理をしてもらいます。
  • 認定日にハローワークに行けない場合:当日中にハローワークに連絡します。早めに来所して次回の認定期間を設定するようにうながされます。

結局は、ハローワークに行かなければなりません。次回の認定期間を設定してもらい、次回提出用の失業認定申告書を受け取る必要があるからです。

認定のときに、今回なぜ求職活動実績が足りない状況になったのかを聞かれたら、理由を率直に答えて構いません。もし、以前に応募した会社があるなら「採否の連絡を待っていたので次の求職活動ができませんでした。」と答えるのが良いです。

認定日前日までなら職業相談

認定日前日に求職活動実績が足りないことに気付いたら、急いで実績をつくる方法はありますか?

認定日の前日なら、ハローワークに行って職業相談することで間に合わせることができます。

失業認定の前日までに間に合わせることができる求職活動には、ハローワークの職業相談があります。

ハローワークの営業時間に間に合うのなら、職業相談を受ければその日のうちに求職活動実績にできます。

職業相談は、どこのハローワーク(またはハローワーク関連施設)でも構いません。

管轄外のハローワーク・出先機関で求職活動実績【実はどこでも職業相談】
求職活動実績が足りないからといって認定日当日に求職活動をしても、今回分の実績にはなりません。たとえば、求職活動実績が足りないから朝イチでハローワークに行って職業相談をしても、それは当日の求職活動なので次回の認定期間の求職活動になってしまいます。
ハローワークの職業相談で実績作り【5分で終わる質問内容】

認定日当日までなら求人への応募

求職活動実績が足りないまま認定日になってしまったら、なんとか実績をつくる方法はありますか?

当日に日付が変わるまでなら転職サイトの求人に応募して間に合わせることができます。

失業認定の当日までに間に合わせることができる求職活動はひとつ。転職サイトの求人に応募することです。

転職サイトの求人に応募する場合は、直接応募できる転職サイトを利用します。求人数が業界最多のリクナビNEXTなら応募先を探しやすいです。

レジュメと呼ばれるウェブ履歴書を作成する必要がありますが、作成してしまえば応募に使い回すことができます。

つまり、2社に応募して2回分の求職活動実績をつくってしまうことも可能です。

転職サイトの求人に応募して求職活動実績にする方法はこちらの記事で解説しています。

インターネットの求人応募で求職活動実績~応募辞退まで解説

コロナ禍で求職活動実績が足りない

コロナ禍でなかなか求職活動ができずに、実績が足りない状況になることがあります。

外出もままならず、それでも求職活動実績をなんとかしなくてはならないときに利用したいのが、転職サイトのセミナーです。

あまり知られていませんが、職業紹介事業者である転職サイトが実施するセミナーを受講しても求職活動実績にできます。

1回のセミナー受講が1回分の求職活動実績です。ただし、申込みから受講まで数日間あるので、認定日間近で実績が足りないときには利用できません。

実績が足りない状況にならないように、スケジュールに余裕を持ってセミナーを利用するのがおすすめです。

オンラインセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】

一度でも不認定になると延長給付を受けられない

コロナ禍で失業給付の受給資格を得ると、コロナの影響に対応した延長給付の対象となります。

コロナ延長給付とは、最大60日間の給付延長ができるというものです。

ただし、一度でも不認定になったことがあると、コロナ延長給付の対象から外れてしまいます。

特例延長給付は、積極的に求職活動を行っている方が対象となります。
そのため、次の①~④のいずれかに該当する場合は、特例延長給付の対象となりません。
① 所定の求職活動がないことで失業認定日に不認定処分を受けたことがある場合
② やむを得ない理由がなく、失業認定日に来所しなかったことにより不認定処分を受けたことがある場合
③ 雇用失業情勢や労働市場の状況などから、現実的ではない求職条件に固執される方 等
④ 正当な理由なく、公共職業安定所の紹介する職業に就くこと、指示された公共職業訓練を受けること、
再就職を促進するために必要な職業指導を拒んだことがある場合
(出典:厚生労働省労働局『新型コロナウイルス感染症等の影響に対応した給付日数の延長に関する特例』)

まとめると…

  • 認定期間に必要な求職活動実績が足りないときは不認定となり、失業手当の支給は見送られる。
  • 求職活動実績が足りないからといって失業手当の支給が停止したり、減額したりすることはない。
  • 求職活動実績が足りないまま認定日になったときは、今後の失業手当を受給するために認定期間の再設定が必要。
  • 求職活動実績が足りないからといって認定日当日に求職活動をしても、今回分の実績にはならない。
  • 失業認定までに間に合わせることができる求職活動はひとつ。転職サイトの求人に応募すること。
ウェブ応募も求職活動実績にできる【申告書記入例まで解説】
タイトルとURLをコピーしました