求職活動で利用しやすい転職サイト・転職エージェント

求職活動にはどのサイトが利用しやすいんだろう。

応募を実績にする場合はどのサイト?

セミナーを受講できるのはどのサイト?

失業保険の受給中に行う求職活動に利用しやすい転職サイトがあります。

求人への応募リクナビNEXTdoda。求職者が直接、求人に応募できる。サイト内の履歴書を使い回して2社に応募すれば一気に2回分の求職活動実績。

セミナー受講マイナビジョブ20'sdoda。頻繁に実施しているセミナーは受講しやすい。応募や選考にならないので気楽に求職活動実績。

この記事では、求職活動に利用しやすい転職サイト・転職エージェントについて解説します。

【これでバッチリ失業認定】求職活動実績の作り方

求職活動に利用しやすい転職サイト

リクナビNEXT マイナビジョブ20's doda
特長 求人サイト
未経験採用多数
求人数業界最多
エージェント
未経験採用多数
20代の転職専門
求人サイトエージェント
経験者採用多数
利用 無料 無料 無料
利用対象 全員 29歳以下
東名阪での就職希望者
全員
求人応募 ◎ネット応募可 × ネット応募可
セミナー × ◎ネット受講可  ○ネット受講可

マイナビジョブ20’sの東名阪とは…:東京・千葉・埼玉・神奈川 :愛知・岐阜・三重 :大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀

なぜ利用料が無料なんでしょうか?

企業側がお金を払っているからです。企業にはお金を払うメリットがあるのです。

求人サイトの場合は、転職希望者が求人募集を見るために集まってくる定番サイトなので、企業が広告費を払って求人を出しています。
エージェントの場合は、会員登録者の中から企業にマッチする人材を選りすぐって仲介するので、企業がエージェントに謝礼を払っています。

リクナビNEXT


出典:リクナビNEXT

  • 求人サイト。求人数が業界最多だから応募先を探しやすい。
  • ネット応募用の履歴書(レジュメ)を作成しておけば、求職活動の応募に使い回しできる。
  • グッドポイント診断は優れもの。診断結果はそのまま自己分析やアピールに使いやすい。
  • 求人に応募すると求職活動実績にもなる。1社への応募が1回分の実績。2に応募すれば2回分の実績ノルマを達成できる。

リクナビNEXTは求人サイトの先がけ。インターネット転職市場を切りひらいてきた先駆者です。求人を探しやすさはさすがです。

業界最多の求人から応募先を探せるので求職活動をしやすく、失業したら真っ先に利用登録しておきたいサイトです。

レジュメを作成して置いておくと、毎日のようにオファーが届きます。自分の市場価値がわかるので面白いです。

失業保険を受給中の方なら全員が求職活動に使える優秀なサイトです。

リクナビNEXTを軸にして、他のサイトと併用して求職活動するのが効率的です。応募をリクナビで、セミナーをマイナビで。

マイナビジョブ20’s


出典:マイナビジョブ20's

  • 転職エージェント。利用対象者は首都圏・東海・関西で就職希望の20代。当てはまる人だけが利用できるのは特権。
  • 20代の転職者を希望する企業とのマッチングになるので、転職成功率が高い。未経験業界・職種へのキャリアチェンジに強い。
  • キャリアカウンセリング、応募書類添削、選考中の企業側とのやり取り代行まで、至れり尽くせりのサービス。
  • セミナーを受講すると求職活動実績にもなる。1回のセミナー受講が1回分の実績。

マイナビジョブ20'sは、人材サービスを総合的に展開するマイナビが20代の転職に特化させたエージェントです。

ひんぱんに開催されるネット受講可能なセミナーは、受講すると求職活動実績にできます。

東名阪地域で就職希望の29歳以下の方なら利用登録しておくと求職活動に便利なサイトです。

東名阪地域で就職を希望する20代なら、マイナビジョブ20’sを利用しない手はありません。ネットでセミナー受講すれば実績になります。

doda


出典:doda

  • 求人サイトとエージェンのハイブリッド。経験者・即戦力の求人が多い。反面、未経験の職探しには向いていない。
  • 本気で就職活動を始めたい人向け。利用登録すると、転職支援サービスの利用を促される。再就職への動きが早い。
  • カウンセリングや面接対策など、対人のサポートが手厚い。
  • 求人に応募する、またはセミナーを受講すると求職活動実績にもなる。

dodaに利用登録すると転職支援サービス(エージェント)の利用案内があります。本格的に職探しのために動いてくれるので、利用にはその覚悟が必要です。

早めに再就職に向けて行動したい方に向いている転職サービスです。

ネット応募用の履歴書を作成しておくと、業界にへだてなく様々なオファーが届きます。

失業保険をもらい続けるより、パッと就職して再就職手当をもらいたい人に向いています。

まとめ

  • 求人応募に利用しやすいのはリクナビNEXT。失業保険を受給することになったら、まずリクナビNEXTの利用登録をしておく。
  • セミナー受講に利用しやすいのはマイナビジョブ20's。利用対象が東名阪で再就職したい20代なら利用しない手はない。
  • 本格的に求職活動を始める人、30代・40代で求職活動にセミナーを利用したい場合はdoda
インターネットで求人に応募で求職活動実績~辞退まで解説
オンラインWebセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】
タイトルとURLをコピーしました