早期再就職手当の条件【自己都合はハローワーク以外の就職活動に注意】

再就職手当をもらえる条件

  1. 就職日の前日の失業認定を受けた時点で、支給残日数が所定給付日数の1/3以上あること。
  2. 就職先での雇用が1年以上になると見込めること。
  3. 内定が失業給付の受給資格決定後であること。
  4. 就職日が待機期間を過ぎたあとであること。
  5. 給付制限に入って最初の1ヶ月間に就職した場合、その就職がハローワークか職業紹介事業者の紹介によること。
  6. 退職した会社や関連会社に再就職していないこと。
  7. 過去3年以内に再就職手当の支給がないこと。
  8. 再就職先で雇用保険被保険者となっていること。

再就職手当(早期就職手当)をもらうには、たくさんの条件を満たさないとならないように見えます。

わかりやすく言いかえるなら、長年働いた会社を退職して、失業給付を手続きをしたあとに早期に正規雇用の再就職をしたのであれば問題なく条件を満たします。

やや引っかかるとすれば自己都合の給付制限にかかる条件です。

ハローワーク以外で就職活動して就職すると再就職手当がもらえないと誤解されている方も多いですが、給付制限の最初の1ヵ月間だけは、ハローワークか職業紹介事業者の紹介で就職すれば再就職手当をもらえるというのが正しい理解です。

給付制限の2ヵ月目以降は転職サイトで求人に応募する方法で就職しても再就職手当をもらえるようになります。転職サイトを利用した求職活動では、ほかにもセミナーを受講する方法が実績になります。

このあたりについて詳しく解説していきます。

失業保険の給付制限とは【期間中の求職活動回数や支給時期を解説】

再就職手当をもらえる条件

赤色で示した範囲内で就職した場合は再就職手当が支給されます。

つまり、給付制限に入ってから、支給残日数が残り1/3を切るまで。の期間に就職したのであれば再就職手当の支給条件に当てはまります。

具体的には、次のようになります。

  • 給付制限の期間中に就職した。(ただし、最初の1ヵ月間はハローワークか職業紹介事業者の紹介での就職に制限される。)
  • 失業手当の支給が開始されたあとは、支給残日数が1/3以上残っている状態で就職した。

※就職とは、就職日(入社日)のことです。

このほかの条件として

  • 過去3年以内に再就職手当をもらったことがないこと。
  • 再就職先で1年以上雇用される見込みがあり、雇用保険にも加入すること。
  • 再就職先が、退職した会社や関連会社ではないこと。

に当てはまれば、再就職手当を支給してもらえます。

再就職手当をもらえない場合とは

再就職手当をもらえない場合とは、具体的には次のようなケースです。

  • 待期の期間に就職した場合はもらえない。(そもそも受給資格が確定しない。)
  • 給付制限の1ヵ月目に職業紹介ではない求職活動で再就職するともらえない。
  • 失業給付の支給残日数が所定給付日数の1/3未満になるともらえない。

※待機期間は、正しくは「待期」と言います。

このほか、次の条件に引っかかってしまった場合も再就職手当をもらえません。

  • 過去3年以内に再就職手当を支給されたことがあった。
  • 再就職で雇用保険に加入しなかった。
  • 再就職先が、退職した会社や関連会社だった。

    自己都合の給付制限の条件がわかりにくいですが…

    もう少し詳しく解説します。

    自己都合の再就職手当の注意点

    離職理由が自己都合の場合は、給付制限の最初の1ヵ月間の就職活動には注意が必要です。

    給付制限の最初の1ヵ月間の活動制限

    次の場合は、再就職手当をもらえません。

    • 就職に至った活動方法が、職業紹介事業者・ハローワーク以外の紹介によるものだった。

    ※職業紹介事業者とはいわゆる転職エージェントのこと。

    逆に言うと、職業紹介事業者かハローワークの紹介を頼りに就職活動して就職すれば再就職手当をもらえます。

    どうすれば再就職手当の条件に当てはまるのか

    • 給付制限の最初の1ヶ月間は職業紹介事業者かハローワークの紹介を頼りに就職活動をすれば、再就職手当の条件に当てはまる。
    • 給付制限の最初の1ヵ月間が過ぎてしまえば、どのような就職活動で就職しても再就職手当の条件に当てはまる。

    給付制限に入ってすぐ就職活動するなら、職業紹介にしておけば再就職手当もちゃんと支給されます。

    給付制限の最初の1ヶ月間が過ぎちゃえば、自由に就職活動しても再就職手当をもらえるんですね。

    ハローワーク以外で就職するときは

    • 給付制限の最初の1ヵ月間に、職業紹介事業者の紹介で就職したのであれば再就職手当をもらえる。
    • 給付制限の最初の1ヵ月間に、転職サイトで求人に応募して就職したのであれば再就職手当をもらえない。

    再就職手当の支給条件となるハローワーク以外の就職活動には、職業紹介事業者の職業紹介があります。つまり、転職エージェントで仕事を紹介してもらうということです。

    給付制限の最初の1ヵ月間が過ぎてしまえば、転職サイトで求人に応募する方法で就職しても再就職手当をもらえます。

    インターネットで求人に応募で求職活動実績~辞退まで解説

    ハローワーク以外の求職活動

    転職エージェントを利用した就職活動は、実績になる求職活動が多いです。

    知っておくと求職活動実績をつくりやすくなります。

    • 転職エージェントに登録したあと、カウンセリングを受けたら実績。
    • 登録した転職エージェントから電話で仕事紹介されて条件等について話し合ったら実績。
    • 転職エージェントの開催する求職関連のセミナーを受講すると実績。
    オンラインWebセミナーで求職活動実績【家で受講して失業認定】

    まとめ

    • 長年働いた会社を退職して、失業給付を手続きをしたあとに、早めに正規雇用の再就職をしたのであれば問題なく条件を満たす。
    • 自己都合の場合、給付制限に入ってから支給残日数が残り1/3を切るまでの期間に就職したのであれば再就職手当の支給条件に当てはまる。
    • 給付制限の最初の1ヶ月間は職業紹介事業者かハローワークの紹介を頼りに就職活動をすれば、再就職手当の条件に当てはまる。
    • 給付制限の最初の1ヵ月間が過ぎてしまえば、どのような就職活動で就職しても再就職手当の条件に当てはまる。
    • ハローワーク以外の求職活動で就職するとは、転職エージェントの紹介が当てはまる
    • 転職エージェントを利用した求職活動は、仕事紹介のほかにセミナーを受講する方法でも求職活動実績になる。
    タイトルとURLをコピーしました