【計算機付き】再就職手当の金額計算|条件は?いつもらえる?

再就職手当とは、失業給付の受給資格者が再就職した際に受け取れる手当です。

就職日の前日に再設定された最後の失業認定のときに失業給付の残日数が1/3以上あれば、ハローワークで再就職手当を申請できます。

再就職手当の金額計算には、雇用保険受給資格者証に記載されている基本手当日額所定給付日数支給残日数が必要です。

再就職手当 計算機
0
離職時の年齢
基本手当日額
所定給付日数
支給残日数 

基本手当日額・所定給付日数 支給残日数

基本手当日額が分からない場合は、こちらの記事の計算機でどうぞ。所定給付日数も分かります。

【計算機付き】失業保険の金額計算|手当はいくらもらえるのか

再就職手当の計算方法

再就職手当の計算式は次の通りです。

基本手当日額 × 所定給付日数に掛る割合 × 支給残日数分 = 再就職手当の金額

所定給付日数に掛る割合は、支給残日数によって異なります。

  • 支給残日数が所定給付日数の2/3以上の場合:70%
  • 支給残日数が所定給付日数の1/3以上の場合:60%

また、再就職手当の計算における基本手当日額には上限額があります。

  • 60歳未満の場合:6120円
  • 60~64歳の場合:4950円

年齢30歳、基本手当日額5000円、所定給付日数90日、支給残日数70日の場合、再就職手当はいくら?

5000円 × 70% × 70日分 = 245000円です。

わざわざ計算しなくても、上の再就職手当 計算機を使えば簡単ですね。

再就職手当を満額もらうには?

再就職手当を満額もらうなら、失業給付をまだ1日分も受給していない状態で就職することです。失業給付の受給資格を得たあとの待機直後から2度目の認定日の間に就職できれば、満額もらうことができます。なお、給付制限がある場合は、給付制限明けの認定日が2度目の認定日です。

再就職手当の金額平均

再就職手当の金額の平均というのは、残日数によるところがあるので一概には言えません。

ただ、失業給付を1日分も受給ぜずに満額もらう場合の金額なら、日本の平均給与をもとに算出できそうです。

日本の平均給与(賞与を除く)は、国税庁の調査結果(令和元年)で366万円となっています。

直前6ヶ月に支払われた賃金:366万円 / 2 = 183万円
賃金日額:183万円 / 180 ≒ 1万円
基本手当日額:1万円 * 給付率 ≒ 5900円
日本の平均給与から求まる基本手当日額は約5900円です。所定給付日数を最小の90日として再就職手当の満額を計算すると、
371700円
となります。

再就職手当いくらもらった?

ちょうど私の友人に再就職手当をもらったばかりの人がいます。友人の場合は、失業給付の受給資格を得て、次の失業認定日までに転職エージェントを利用して早々と就業を決めました。つまり満額の再就職手当をもらうことができたわけです。友人に支給された再就職手当は289800円とのことでした。

再就職手当は、失業給付の支給総額より少ない額となります。

そのかわり、まとまったお金を受け取ることができます。

早々に就職して再就職手当をもらうか、失業給付を受給しながらじっくり就職活動するか。受け取れる金額を比べてみると良いでしょう。

失業給付の総支給額なんてわかるんですか?

こちらの記事で、失業給付の月額と総額を計算できます。

【計算機付き】失業保険の金額計算|手当はいくらもらえるのか

再就職手当の条件とは

再就職手当の支給には条件があります。

  1. 就職日の前日の失業認定を受けた時点で、支給残日数が所定給付日数の1/3以上あること。
  2. 就職先での雇用が1年以上になると見込めること。
  3. 内定が失業給付の受給資格決定後であること。
  4. 就職日が待機期間を過ぎたあとであること。
  5. 給付制限に入って最初の1ヶ月に就職した場合、その就職がハローワークか職業紹介事業者の紹介によること。
  6. 退職した会社や関連会社に再就職していないこと。
  7. 過去3年以内に再就職手当の支給がないこと。
  8. 再就職先で雇用保険被保険者となっていること。

再就職手当をもらうには、たくさんの条件を満たさないとならないように見えます。

しかし、長年働いた会社を退職して失業給付の手続きをしたあとに正規雇用の再就職をした。という就職なら問題なく条件を満たしそうです。

やや引っかかるとすれば、給付制限に入って最初の1ヶ月に就職した場合の就職活動の方法に制限がある点です。

給付制限がある場合

失業保険の初回認定日に必要な求職活動の回数は?振込はいくら?

自己都合で退職すると、7日間の待機のあとに2ヶ月間の給付制限が設定されます。

給付制限に入って最初の1ヶ月間に就職して再就職手当をもらう場合は、ハローワークか職業紹介事業者の紹介による就職に限られます。

ハローワークか職業紹介事業者の紹介とは、具体的には次のようなものです。

  • ハローワークの職業紹介(職業相談からの職業紹介も可)
  • 転職エージェントの職業紹介

また、給付制限の最初の1ヶ月経過後に就職して再就職手当をもらう場合は、その就職がどのような求職活動によるものでも構いません。

給付制限に入ってすぐ就職活動するなら、職業紹介にしておけば再就職手当もちゃんと支給されます。

給付制限に入って1ヶ月が過ぎちゃえば、自由に就職活動しても再就職手当をもらえるんですね。

失業保険の給付制限とは【期間中の求職活動回数や支給時期を解説】

再就職手当はいつもらえるのか

再就職手当の支給は、再就職手当申請書を提出してから3~4週間程度です。とくに支給日というのはありません。

再就職手当の振込まれる銀行口座は、失業給付と同じです。

再就職手当をもらうまでの流れは次のようになります。

  1. 再就職することを、なるべく早くにハローワークに連絡する。
  2. 就職日の前日に失業認定日が再設定される。
  3. 失業認定を受け、失業給付の残日数がある場合は再就職手当を申請する。
  4. 再就職手当申請書を提出して3~4週間後に振込まれる。
失業認定日までに就職が決まったら…内定後の求職活動実績と失業認定申告書記入例

まとめると…

  • 再就職手当とは、失業給付の受給資格者が再就職した際に受け取れる手当。
  • 就職日の前日に再設定された最後の失業認定のときに、失業給付の残日数が1/3以上あれば再就職手当を申請できる。
  • 再就職手当の計算式は、基本手当日額 × 所定給付日数に掛る割合 × 支給残日数分 = 再就職手当の金額。
  • 再就職手当をもらうにはたくさんの条件があるが、一般的な就職をすれば問題なく条件を満たしそう。
  • 再就職手当の支給は、再就職手当申請書を提出してから3~4週間程度。
タイトルとURLをコピーしました