ハローワークの適職診断で求職活動実績【無料で適性判断】

ハローワークで適職診断を受けられるの?

適職診断を受けたら求職活動実績になるのかな。

ハローワークでは求職者支援の一環として適職診断を実施しています。

適職診断は、キャリア・インサイトと一般職業適性検査があります。

キャリア・インサイトの診断結果を持って職業相談を受けると求職活動実績になります。

一般職業適性検査は職業相談のなかで受けるので求職活動実績になります。

この記事では、ハローワークの適職診断で求職活動実績にする方法を解説します。

さらに後半では、おすすめしたい転職サイトの適職診断について説明します。

ハローワークの適職診断

ハローワークで受けられる適職診断には次の2つがあります。

  • キャリア・インサイト専用のパソコンを設置しているハローワークのみ利用可能。診断結果を持って職業相談を受けると求職活動実績になる。
  • 一般職業適性検査ハローワークの職業相談のなかで利用可能。相談員に利用を申し込む。職業相談の時点で求職活動実績になる。

どちらも利用は無料です。また、適職診断の結果はプリントしてもらえます。

キャリア・インサイトの利用のみでは求職活動実績にならないことに注意が必要です。キャリア・インサイトの診断結果を持って職業相談を受ければ、その職業相談が求職活動実績になります。

キャリア・インサイト

キャリア・インサイトは、ハローワークの専用端末(パソコン)で受けられる適職診断です。

18歳~34歳が利用対象とされる職業適性診断システムで、パソコン画面に表示される質問に答えていくかたちで診断していきます。

診断は次の4つの観点で行われます。

  • 能力の評価
  • 職業興味の評価
  • 価値観の評価
  • 行動特性の評価

能力と職業興味を合わせみた総合評価をもとに、適職リストを見ることができます。

また、『職業情報コーナー』というメニューからは、実に474の職業について仕事の特徴・内容を参照することができます。

個別ブースのパソコンで利用できるので、自分のペースで診断できます。

キャリア・インサイトの申込み・手順

ハローワークのキャリア・インサイトは無料で利用できます。

  1. ハローワークの受付で適職診断を申し込む。
  2. キャリア・インサイト専用端末(パソコン)に案内される。
  3. 診断を受ける。

キャリア・インサイトの所要時間

早ければ30分、長くても1時間程度です。

一般職業適性検査

一般職業適性検査(GATB:General Aptitude Test Battery)は、ハローワークの職業相談のなかで受けられる適職診断です。

中学生~45歳程度までが利用対象とされる職業適性検査で、筆記と器具を使って検査していきます。

検査は次の9つの適性について行われます。

  • 知的能力
  • 言語能力
  • 数理能力
  • 書記的知覚
  • 空間判断力
  • 形態知覚
  • 運動共応
  • 指先の器用さ
  • 手腕の器用さ

要するに国語と算数、動作の速さや正確さで適応能力を測定します。結果はおおまかな職業別に3段階「基準を満たしている」「基準をほぼ満たしている」「基準を満たしていない」で判定されます。

検査に時間がかかるわりに、どの仕事に向いているかイメージしづらい判定結果だと感じました。

適職診断というより、判断能力テストという感じです。

一般職業適性検査の申込み・手順

ハローワークの一般職業適性検査は無料で受けられます。

  1. ハローワークの受付で申し込む。
  2. 職業相談のブースに案内される。
  3. 相談員の指示に従って適性検査が行われる。

一般職業適性検査の所要時間

紙筆検査のみで45~50分程度。全体で1時間程度です。

私はキャリア・インサイトの方が適職診断として優れていると感じました。診断結果は「チームワークより個人プレータイプ。創造性が高く、芸術などの分野に適する。」という、ずばり私の性格そのものでした。精度が高いと感じます。自己分析にも活用できるので、今後の求職活動に役立てる目的でも利用価値があります。

適職診断を受けられる転職サイト

出典:リクナビNEXT

転職サイトで受けられる適職診断として優秀なのが、リクナビNEXTの適職診断です。

リクナビNEXTの適職診断は、18種類の性格的特徴から自分の強み(グッドポイント)となる5つの特徴がわかります。

18種類は…上の図をご覧になってください。

リクナビNEXTの適職診断の申込み・手順

リクナビNEXTの適職診断は無料で利用できます。

  1. リクナビNEXTに会員登録(無料)する。
  2. グッドポイント診断のページへ進む。
  3. 診断を開始する。

リクナビNEXTの適職診断の所要時間

適職診断の所要時間は30分程度です。

まとめると…

  • ハローワークで受けられる適職診断には2つ。キャリア・インサイトと一般職業適性検査。
  • キャリア・インサイトは、ハローワークの専用端末(パソコン)で受けられる適職診断。
  • キャリア・インサイトの診断結果を持って職業相談を受ければ、その職業相談が求職活動実績になる。
  • 一般職業適性検査は、ハローワークの職業相談のなかで受けられる適職診断で、求職活動実績になる。
  • リクナビNEXTの適職診断は、18種類の性格的特徴から自分の強み(グッドポイント)となる5つの特徴がわかる。
インターネットの求人応募で求職活動実績~応募辞退まで解説
タイトルとURLをコピーしました